1 1これは、ユダの王、アモンの子ヨシヤの治世に、神様からクシの子ゼパニヤに示されたお告げです。 クシはゲダルヤの子、ゲダルヤはアマルヤの子、アマルヤはヒゼキヤの子です。 2神様はこうお語りになる。 「わたしは、地にあるものを一掃し、徹底的に滅ぼす。 3人も動物もだ。 悪者は滅び、人はみな消え去る。 空の鳥も海の魚も死に絶える。 4こぶしでユダとエルサレムを打ち砕き、まだ生き残っているバアル神の礼拝者を断ち滅ぼす。 偶像に仕える祭司を抹殺し、彼らの記憶を完全に消し去ってしまおう。 5彼らは屋上で、太陽や月や星を拝んでいる。『神様に従っている』と言いながら、モレク神をも拝んでいる。 わたしは、そんな彼らを滅ぼす。 6以前はわたしを礼拝していたのに、今は拝んでいない者や、わたしを愛したことも、愛そうと思ったこともない者を、断ち滅ぼす。」 7静まって、神様の前に立て。 恐ろしい審判の日がくるからだ。神様はご自分の国民を虐殺する手はずを整え、死刑執行人を選んでおられる。 8「審判の日に、わたしは、ユダの指導者と王子たち、それに異教の服を着た者をすべて罰する。 9よいか、異教の習慣に従う者や、盗みや人殺しをほしいままにして、主人の家を暴力や詐欺の悪徳で満たす者を罰する。 10警告の叫びが、エルサレムの中心から遠く離れた門からあがり、だんだん近づいて来る。 ついに、攻め寄せる軍勢の叫びが、町が建っている丘のてっぺんまで響き渡る。 11エルサレムの住民よ、泣き悲しめ。 町の貪欲な商人、強欲な高利貸しは、一人残らず死ぬのだ。 12わたしは、ともしびをかざして、エルサレムの暗いすみずみまで捜し回る。 罪にどっぷりつかりきり、神は自分たちをそっとしておいてくれると考え、関心を示さない者どもを見つけ出して、罰するのだ。 13彼らの財産は奪われ、家は荒らされる。 彼らは自分が建てた新しい家に住むことができず、自分が植えたぶどう畑のぶどう酒を飲むこともできない。」 14「その恐るべき日は近い。 急ぎ足でやって来る。 その日には、勇士たちも泣きくずれる。 15それは神の怒りがぶちまけられる日、恐ろしい苦悩と苦痛の日、崩壊と滅亡の日、暗やみと陰鬱、暗雲と暗黒の日だ。 16ラッパが吹き鳴らされ、戦いの叫びがあがる。 そら、城壁で囲まれた町とその強固な塔がくずれ落ちる。 17わたしはおまえたちを、手探りで道を捜し回る盲人のようにする。 神に罪を犯したからだ。 それで、おまえたちの血はちりのように振りまかれ、死体は地面に転がされたまま朽ち果てる。」 18おまえたちの金も銀も、神様の怒りの日には役に立たない。 そんなもので罪を帳消しにはできない。 神様のねたみの炎が、全地をなめ尽くすからだ。 神様はユダの全国民を、たちまちのうちに滅ぼしてしまう。
Can i read the Bible on my phone/tablet?
Selected Verses