4 1それから、私と話していた御使いが、眠っている人を起こすように私を呼び起こしました。 2「いま何が見えるか。」 「七つのともしび皿がついた金の燭台です。 てっぺんにオリーブ油のつぼがあり、七本の管で、それぞれの皿に油が流れ込むしかけになっています。 3また、燭台の油つぼの両側に、オリーブの木が一本ずつ彫りつけてあるのが見えます。 4いったい、どういうことでしょう。 意味がわかりません。」 5「えっ? ほんとうに知らないのか。」 「はい。」 6「これは、ゼルバベル〔ユダの総督で、神殿再建の責任者〕への神様のお告げだ。 天の軍勢の主がお語りになる。 『これは、能力によるのでも、権勢によるのでもない。 わたしの霊によるのだ。 おまえたちは数も少なく、弱いが、わたしの霊によってやり遂げることができる。』 7だから、どんなに高い山も、ゼルバベルの前に立ちはだかることはできない。 みんな平らにされてしまうからだ。 こうしてゼルバベルは、神殿を建て上げ、神様の助けを感謝しながら、すべてが神様の恵みによって行なわれたことを、力強く宣言するようになる。」 8私は神様から別のお告げを示されました。 9「ゼルバベルは神殿の土台を据えたが、さらにそれを完成させる。 その時おまえたちは、これが天の軍勢の主である神からのお告げであったことを知る。 10この小さな始まりを軽んじるな。 わたしはその仕事が始まり、ゼルバベルの手で測られるのを自分の目で見て、とても喜んでいる。 七つのともしびは、世界をくまなく見渡す主の目を表わすのだ。」 11それから私は、燭台の両側にある二本のオリーブの木と、 12油を金の鉢に注ぐ管となっている二本の枝のことを、尋ねました。 13「それも知らないのか。」 「はい。」 14「それは、全世界を治める神様を助けるために選ばれた、二人の油を注がれた人を表わすのだ。」
Can i read the Bible on my phone/tablet?
Selected Verses