11 1レバノンよ、さあ、扉をひらけ。 審判が下される。 おまえの森が火で焼き尽くされるように、おまえは滅ぼされる。 2糸杉よ、声を出して泣け。 すべての杉が倒れてしまうからだ。 高くそびえ立つ見事な木も全部だ。 バシャンの樫の木よ、恐ろしさのあまり泣き叫べ。 いちばん深い森まで切り倒されるのを見るからだ。 3悪質な羊飼い、イスラエルの指導者たちの悲痛な叫びを聞け。 彼らの富が失われてしまうからだ。 若いライオンのほえる声を聞け。 王子たちが泣いているのだ。 茂みの豊かなヨルダン渓谷が、荒れ果ててしまうからだ。 4それから、神様はこうお語りになりました。 「さあ、殺されるための肥えた羊の群れを養う羊飼いになれ。 5これは、わたしの国民の姿を表わしている。 彼らは悪い指導者どもに売り渡され、殺されている。 しかも、指導者は罰せられない。 わたしの国民を裏切った者たちは、『神様、ありがとうございます。 おかげで、こんなに裕福になりました』と言う。 というのは、この羊飼いは、容赦なく羊を売り飛ばしてしまったのだ。 6それで、わたしはもう、わたしの国民を惜しまない。 彼らを邪悪な指導者どもの手に陥らせる。 指導者どもは彼らを殺し、この地を荒れ地としてしまう。 わたしは、そうなるのをじっと見ているだけだ。」 こう神様がお語りになります。 7そこで、私は杖を二本取り、一本を「恵み」と名づけ、もう一本を「結合」と名づけました。 その二本の杖で、命じられたとおり、羊の群れを飼いました。 8そして一月のうちに、三人の悪質な羊飼いを追い出しました。 ところが、私は羊である国民にも、我慢がならなくなったのです。 彼らも私を憎みました。 9それで彼らに言ってやりました。 「もう、おまえたちの羊飼いはまっぴらだ。 死にたきゃ、かってに死ぬがいい。 殺されたって知るもんか。 自滅するのも自業自得だ。」 10私は「恵み」と名づけた杖を取り、真っ二つに折りました。 そうすることによって、彼らを守り導くと誓った契約を、破棄したことを示したのです。 11こうして、協定は無効になりました。 羊を売買する者たちは、これを見て、私の行動が神様のお考えを示していることを悟ったのです。 12私は彼らに言いました。 「よかったら、私に見合った賃金を払いなさい。 ただし、ほんとうにそうしたければですよ。」 彼らが払った賃金は、たった銀貨三十枚〔奴隷の値段〕でした。 13神様は私に、こうお命じになりました。 「それを神殿の献金箱に投げ込め。 おまえを値積もりした貴重な銀貨全部をだ。」 私は言われたとおり、銀貨三十枚を全部投げ入れました。 14それから、「結合」と呼ばれるもう一本の杖を折って、ユダとイスラエルとの結合関係が破られたことを示しました。 15それから神様は、もう一度、羊飼いの務めにつくようにとお命じになりました。 今度は、役立たずの悪い羊飼いの役を演じることになったのです。 16神様はこうお語りになりました。 「そうするのは、わたしがこの国に立てる羊飼いの姿を示すためだ。 その羊飼いは、死にそうな羊の世話もせず、小さい羊の面倒も見ず、骨を折った羊の手あてもせず、元気な羊にえさをやることもしない。 歩けない羊を抱いて運んでやることもせず、やることと言えば、食用にする肥えた羊の足を引き裂くことだけだ。 17羊の群れの世話をしない、こんな役立たずの羊飼いは、のろわれよ。 神の剣が彼の腕を切り、その右目を刺し通す。 腕は使えなくなり、右目は見えなくなる。」
Can i read the Bible on my phone/tablet?
Selected Verses