1 1これは、ダリヨス王の治世の第二年の十一月上旬に、ベレクヤの子で、祭司イドの孫にあたるゼカリヤに、神様から示されたお告げです。 2天の軍勢の主であるわたしは、おまえたちの先祖に激しい怒りを燃やした。 3だが、おまえたちがわたしのもとに帰るなら、わたしもおまえたちのもとに帰り、恵みを与えよう。 4先祖たちのようであってはならない。 先の預言者たちは、先祖伝来の悪の道から離れるように訴え続けてきたが、むだ骨に終わった。 「さあ、わたしのもとに帰れ」と語ったのに、いっこうに聞こうとせず、馬耳東風だった。 5-656先祖も預言者も、とうの昔に死んでしまった。 だが、彼らが身をもってあかしした、「神のことばは永遠に保つ」という真理を忘れるな。 神のことばは彼らに迫り、彼らを罰した。 それで、ようやく悔い改めた。 その時、彼らは言った。 「当然の報いを受けたのです。 神様は警告どおりのことをなさいました。」 7それから三か月後の二月に、神様から別のお告げが、夜の幻のうちにゼカリヤに示されました。 8私は、川岸のミルトスの木の間に、一人の人が赤い馬にまたがっているのを見ました。 そのうしろに、赤、栗毛、白い馬が続き、それぞれ人が乗っています。 9一人の御使いがそばに立っていたので、「この馬は何ですか」と尋ねました。 「話してあげよう」と彼は返事をしました。 10そして、赤い馬に乗っていた人が答えました。 その人は、実は神様の御使いだったのです。 「神様が地上を巡回させておられるのだ。」 11ほかの乗り手が、その神様の御使いに報告しました。 「世界中を巡回したところ、どこもかしこも、繁栄と平和を楽しんでいます。」 12これを聞いて、神様の御使いは祈りました。 「ああ、天の軍勢の主よ。 七十年の間、あなたの怒りはエルサレムとユダの町々に荒れ狂いました。 いつまで待ったら、もう一度あわれみを施してくださるのでしょうか。」 13神様は、私のそばに立っていた御使いに、慰めと確信に満ちたことばでお答えになりました。 14そこで、御使いはこう私に命じたのです。 「天の軍勢の主から示されたお告げを、大声で告げよ。 ユダとエルサレムに起こったことに、わたしが無関心でいるとでも思うのか。 夫が、捕囚として連れ去られた妻を思うように、わたしも彼らのことを思っている。 15安逸をむさぼっている異教の国々に、激しい怒りを燃やしている。 わたしはほんのちょっと自分の国民に腹を立てただけなのに、その国々は、彼らを、わたしが考えていたよりもずっとひどい目に会わせたからだ。 16だから、神様はこう宣言なさる。 わたしはエルサレムに帰り、そこをあわれみで満たそう。 神殿は再建され、エルサレム全市が建て直される。 天の軍勢の主が、こうお語りになるのだ。 17もう一度、大声で言え。 天の軍勢の主は、イスラエルの町々が再び栄え、主ご自身が再びエルサレムを慰め、祝福し、そこに住む、と宣言しておられる。」 18それから私は、動物の四本の角を見ました。 19私はあの御使いに、「あれは何ですか」と尋ねました。 「ユダとイスラエルとエルサレムを追い散らした世界の四大列強を表わしている。」 20そのとき神様は、四人の鍛冶屋を見せてくださいました。 21私は、「この人たちは、何をしに来たのですか」と尋ねました。 御使いが答えました。 「ユダを散り散りにさせた四本の角をつかまえ、かな床で打ち砕き、放り出すために来たのだ。」
Can i read the Bible on my phone/tablet?
Selected Verses