8 おとめ「 1ああ、あなたが私の兄さんであったらいいのに。 そしたら、あなたに口づけしているのをだれに見られても、笑われないんですもの。 2あなたを実家にお連れして、そこでいろいろ教わりたいことがあるのです。 また、香料を混ぜたぶどう酒、甘いざくろの果実酒を差し上げたいのです。 3あの方の左手が私の頭の下にあり、右手でしっかりと抱いてくださるとよいのに。 4エルサレムの娘さん、どうか、あの方が十分に眠るまで起こさない、と誓ってください。」 エルサレムの娘たち「5愛する人に寄りかかって、砂漠から上って来るのはだれでしょう。」 ソロモン王「君の母親が、産みの苦しみをして君を産んだりんごの木の下で、私は君の愛を呼び起こした。」 おとめ「6私をあなたの心に刻みつけて、どんなことがあっても見捨てないでください。 愛は死のように強く、ねたみは地獄のように残忍だからです。 その炎は、神様の炎にほかなりません。7どんなに水をかけても、愛の炎を消すことはできません。 大洪水でさえ、それを押し流すことはできません。 たとい、全財産をはたいて愛を買おうとしても、できない相談です。」 おとめ「8私たちには、まだ乳房がふくらんでいない妹がいます。だれかが彼女に結婚を申し込んだら、どうしましょう。」 ソロモン王「9彼女がりっぱな城壁なら、銀の胸壁をつけてやろう。 しかしただの戸であるなら、杉の板で囲んでやろう。」 おとめ「10私はほっそりしていて、背は高く、乳房は十分にふくらんでいます。 そのため、愛する方の目にとまり、かわいがっていただきました。 11ソロモン王はバアル・ハモンにぶどう園をお持ちです。 それを土地の小作人に、めいめい銀貨千枚で貸しているのです。 12でも、陛下。 私のぶどう園の場合は、陛下には銀貨千枚を差し上げ、管理人には銀貨二百枚ずつを払います。 13庭園に住んでいる私の愛する方。 お仲間は、あなたの声に聞きほれています。 私にもぜひお聞かせください。 14愛する方、早く来て、険しい山の上のかもしかや、若い雄鹿のようになってください。」
Can i read the Bible on my phone/tablet?
Selected Verses