6 エルサレムの娘たち「 1だれよりも美しい人よ。 あなたの愛する人は、どこへ行かれたのですか。 その方を捜してあげましょう。」 おとめ「2あの方は、ご自分の庭園、香料の花壇へ行かれました。羊の群れを飼い、ゆりの花を集めるためです。 3私は愛する方のもの、愛する方は私のもの。 あの方は、ゆりの花の間で羊の群れを飼っておられます。」 ソロモン王「4愛する人よ。 君は眺めのよいティルツァの地のように美しく、エルサレムのように愛らしい。 君は私をとりこにした。 5そんなに見つめないでくれ。 君の目に、吸い込まれてしまいそうだ。 君の顔にゆれる髪は、ギルアデの山腹を跳びはねて降りて来る山羊の群れのようだ。 6歯は、体を洗い流してやったばかりの雌羊のように、真っ白で、きれいな歯ならびだ。 7髪の毛のかかる頬は、なんともかわいらしい。 8私には、王妃が六十人、そばめは八十人、おとめたちは数知れずいる。 9だが、鳩にも似た、君のような完全な女は、ただの一人もいない。 エルサレムの女たちは、君を見て歓声をあげた。 王妃やそばめたちでさえ、君をほめそやした。 10『夜明けのようにほのぼのしていて、月のようにおしとやかな、また太陽のように明るく、私たちをすっかり魅了してしまうこの方は、いったいだれですか』と。」 おとめ「11私はくるみ林と谷へ行ってみました。 春の訪れを知りたかったからです。 ぶどうの木が芽を吹いたか、もう、ざくろの花が咲いたかを見に。 12でも、いつしかひどいホームシックにかかり、生まれ故郷がたまらなく恋しくなりました。」 エルサレムの娘たち「13シュラムの娘さん、帰って来てください。私たちのところへ戻って来てください。 もう一度、あなたの顔を見たいのです。」 おとめ「どうして、ただのシュラム人の女を、そんなに見たいのですか。」 ソロモン王「それは、君が見事な舞を見せるからだよ。」
Can i read the Bible on my phone/tablet?
Selected Verses