5 ソロモン王「 1いとしい花嫁よ、さあ、私の庭園にやって来たよ。私は没薬とスパイスを集め、はちの巣から蜜を取って食べ、ぶどう酒とミルクを飲んでいる。」 エルサレムの娘たち「愛する方たちよ、食べて飲んでください。 十分に飲んでください。」 おとめ「2ある夜のこと、眠っている時、夢の中で愛する方の声が聞こえるのです。 あの方は、私の寝室のドアをたたいておられました。 『いとしい人、私の恋人、私のかわいい鳩よ、開けておくれ。 夜通し外にいたので、すっかり露にぬれてしまった。』 3ところが、私はこう答えたのです。 『もう寝間着をきてしまったのに、また着替えるのですか。 足も洗ったので、汚したくありませんわ。』 4それでも、愛する方が鍵を開けようとなさるのを見て気の毒になり、 5跳び起きて、ドアを開けました。 かんぬきの取っ手を引いた時、私の手から香水が、指からかぐわしい没薬の液がしたたり落ちました。 6ところが、せっかくお開けしたのに、もうあの方の姿は見えません。 私は心臓の止まる思いでした。どんなにあちこち捜しても、あの方は見あたらないのです。 必死にお呼びしても、返事はありません。 7夜警に見つかり、さんざんにたたかれました。 城壁の見張りには、ベールをはぎ取られました。 8エルサレムの娘さん、どうか誓ってください。 私の愛する方を見かけたら、私が恋の病をわずらっていると伝えてほしいの。」 エルサレムの娘たち「9女性の中でいちばん美しい人よ。 それほどまでに頼み込む、だれよりもすてきな人とは、いったいどんなお方ですか。」 おとめ「10私の愛する方は日焼けしていてハンサムで、ほかのどの男の方よりすてきですわ。 11頭は純金のようで、からすのように黒い髪が波打っています。 12目は、小川のほとりにいる鳩のようで、穏やかに輝き、深く澄んでいます。 13頬は、かぐわしい香料の花壇、くちびるはゆりの花、息は没薬のようです。 14腕は、トパーズをはめ込んだ丸い金の棒。 体は、宝石をちりばめた、光沢のある象牙。 15足は、純金の台座にすえられた大理石のようで、レバノン杉のようにたくましい。 あの方にたち打ちできる人はいません。 16あの方のことばは、うっとりするほどです。 あの方のすべてがすてきなのです。 エルサレムの娘さん。 これが私の愛する方、私の恋人です。」
Can i read the Bible on my phone/tablet?
Selected Verses