1 1 ソロモン王が作ったこの歌は、ほかのどんな歌よりすばらしいものです。 おとめ「2もっともっと口づけしてください。 あなたの愛は、ぶどう酒より甘く、 3あなたのオーデコロンは、なんとすてきな香りでしょう。 名前もとても魅力的です。 若い娘たちが夢中になるのも無理はありません。 4私を連れて行ってください。さあ、走って行きましょう。」 おとめ「陛下は私を、宮殿に連れて行ってくださいました。 私たちは幸せでいっぱいです。 あなたの愛は、ぶどう酒以上です。若い娘たちが夢中になって当然です。」 おとめ「5エルサレムの娘さん、私はケダルの天幕(荒野のアラビヤ人が住む黒いテント)のように、日焼けして黒いわ。 でも、きれいでしょう。」 ソロモン王「いや、わたしの絹の天幕のように愛らしいよ。」 おとめ「6町の娘さん、そんなに見つめないでちょうだい。 私の肌はとても黒いんですもの。 兄にしかられ、かんかん照りのぶどう園の番をさせられたので、すっかり日焼けしてしまったの。」 おとめ「7私の愛する方、どうか教えてください。 きょうは、羊の群れをどこへ連れて行くのですか。 お昼には、どこにいらっしゃるの。 私は、あなたの仲間に混じって浮浪者のようにうろつき回りたくありません。 いつもおそばにいたいのです。」 ソロモン王「8世界でいちばん美しい女よ、それなら、群れのあとについて行って羊飼いのテントを捜しあて、そこで、君の羊と子羊の世話をしなさい。 9愛する人よ。 君はかわいい子馬のようだ。 10頬にたれる髪の毛が、とてもすてきだよ。 宝石をちりばめた首飾りをつけた首には、気品が漂っている。 11君のために、金のイヤリングと銀の首飾りを作ってあげよう。」 おとめ「12ベッドに横になられた陛下は、私のつけている香水の香りにうっとりしています。 13私の愛するお方は、乳房の間にある、没薬の匂い袋のようです。」 ソロモン王「14私の愛する人は、エン・ゲディ(死海西岸のオアシス)の植物園にある花束のようだ。 15愛する人よ。 君はなんて美しいんだ。 どう言ったらいいか、わからないほどだ。 目は鳩のようにやさしく、 16草の上に身を横たえる姿は、まるで絵に描いたようだ。 17その上に、杉や糸杉が影を落としている。」
Can i read the Bible on my phone/tablet?
Selected Verses