16 七人の御使い 1また私は、神殿から大きな声が、七人の御使いに呼びかけるのを聞きました。 「さあ、出かけて行って、神様の怒りで満ちた七つの鉢を、地上にぶちまけなさい。」 2そこで、第一の御使いが神殿から出て行き、鉢を地上にぶちまけました。 すると、獣のいれずみをして、その像を拝む者全員に、恐ろしい悪性のはれものができました。 3第二の御使いが鉢を海にぶちまけると、海は死人の血のようになり、海中のすべての生物が死に絶えました。 4第三の御使いは、鉢を川と泉にぶちまけました。 すると、水はたちまち血に変わりました。 5私は、水を支配している御使いのことばを聞きました。 「今も昔も存在される聖なる方。 あなたの、このようなさばきは、ほんとうに正しいものです。 6あなたのきよい民や預言者は、殉教を遂げ、この地上に血を流しました。 今度はあなたが、彼らを殺した者たちの血をしたたらせる番です。 これは、当然の報いなのです。」 7また私は、祭壇の御使いの、こんな声を聞きました。 「全能の神、主よ。 あなたのさばきは正しく、真実です。」 8次に、第四の御使いが、鉢を太陽にぶちまけました。 すると、太陽は、すべての人を火で焼く力を得ました。 9人々は、その激しい炎熱に焼かれながらも、なおその心や態度を改めて、神様の栄光を恐れようとはせず、かえって、災害を与えた神様の名をのろいました。 10それから、第五の御使いは、海からはい上がった獣の王座に鉢をぶちまけました。 すると、獣の国は暗やみでおおわれ、その民は苦しさのあまり、舌をかみ切って自殺をはかりました。 11そして、苦痛とはれものとのために、天の神様をのろいましたが、自分の悪い行ないを悔い改める気は、さらさらありませんでした。 12第六の御使いは、鉢を大ユーフラテス川にぶちまけました。 すると、川の水がすっかり干上がり、東方の王がいつでも軍隊を率いて、西方に攻め入る道ができました。 13また私は、竜と獣と偽預言者の口から、かえるに似た三つの悪霊が飛び出すのを見ました。 14この奇蹟を行なう力を持った悪霊たちは、全世界の支配者に相談をもちかけました。 迫っている全能の神様の恐ろしい審判の日に備えて、一丸となって主と戦おう、とけしかけるためです。 15「用心していなさい。 わたしはどろぼうのように、思いがけない時に来ます。 目を覚まして待っている人は幸いです。 そのような人は、着物をきちんと着ているので、裸で外を歩くような恥はかきません。」 16こうして彼らは、ヘブル語でハルマゲドン〔メギドの山〕と呼ばれる場所の近くに、世界の全軍隊を結集させました。 17次に、第七の御使いが、鉢を空中にぶちまけました。 すると、「すべてが終わった」という大きな声が、天の神殿の王座から響き渡りました。 18すると、雷鳴がとどろき、いなずまが走り、史上最大の大地震が発生しました。 19大いなる都「バビロン」は三つに裂け、世界各地の都市もすべて破壊されて、瓦礫の山と化しました。 「バビロン」の罪を、神様は一つ残らずご存じであり、そのために、「バビロン」は神様の激しい怒りのぶどう酒のあふれる杯を、最後の一滴まで飲み干す罰を受けたのです。 20島々は消え去り、山々は平地に変わりました。 21また、なんと三十五キロもの重さの雹が降って、多くの被害が出、人々は、この恐ろしい雹のことで神様をのろいました。
Can i read the Bible on my phone/tablet?
Selected Verses