10 秘密の計画 1それから、もう一人の強い御使いが、雲に包まれ、天から下って来ました。 その頭上には虹がかかり、顔は太陽のように輝き、足は火のように光っていました。 2彼は開かれた小さな巻物を持っていました。 そして、右足を海上に、左足を陸上に置き、 3大声で叫びました。 それはライオンのほえる声そっくりでした。 すると、答えるかのように、七つの雷が私の耳をつんざいたのです。 4私は、雷のことばを書きとめようとしましたが、天からの声に、押しとどめられました。 「書きとめてはいけない。 公表すべきものではないのだから。」 5それから、海と陸地にまたがる強い御使いは、右手を高く天にさしのべ、 6天とその中のすべてのもの、地とそれに満ちるすべてのもの、海とその中に住むすべてのものを造られた、永遠に生きておられる神様を指して誓いました。 「もうこれ以上、延期されません。 7いよいよ、第七の御使いがラッパを吹き鳴らす時、神様に仕える預言者に告げ知らせてからこのかた、ずっと秘密にされていた神様の特別の計画が、ついに実行に移されるのです。」 8すると、再び天からの声が、こう語りかけました。「さあ行って、海と陸地にまたがる強い御使いから、開かれた巻物を受け取りなさい。」 9そこで私は、その御使いに近寄って、「巻物をいただきたいのです」と頼みました。 すると彼は、「よろしい。 さあ、この巻物を取って食べなさい。 初めは蜜のように甘いのですが、飲み下すと、腹の中で苦くなります」と答えました。 10そこで私は、巻物を受け取って食べました。 すると言われたとおり、口の中では甘かったのに、飲み下すと苦くなり、腹が痛くなりました。 11すると、彼はこう言いました。 「あなたは、多くの人々、国民、民族、王について、もっと預言しなければなりません。」
Can i read the Bible on my phone/tablet?
Selected Verses