40 1 私はただひたすら神様のお助けを待ち望みました。 すると、その願いは聞かれたのです。 2神様は絶望の穴から、どろどろのぬかるみから引き上げて、踏み固めた道に下ろし、しっかり歩けるようにしてくださいました。 3神様は私の口に、新しい賛美の歌を授けてくださいました。 私が神様に、どれほどすばらしいことをしていただいたかを知って、大ぜいの人が敬虔な心で神様を敬い、信頼するようになるでしょう。 4いばったり偶像を拝んだりする者には頼らず、神様だけを頼りとする人には、ふんだんに祝福が注がれます。 5 ああ神様。 何度も何度も大きな奇蹟を見せてくださったあなたは、いつも私たちのことを心に留めてくださっています。 ほかのだれに、こんなすばらしいまねができるでしょう。 だれも比べものにはなりません。 神様のすばらしいみわざは、どんなに時間をかけても語り尽くせないのです。 6 神様が真に望んでおられるものは、いけにえや供え物ではありません。 完全に焼き尽くすいけにえが、特に神様をお喜ばせするわけではありません。 しかし、生涯を通じて神様にお仕えしようとする私の申し出は、受け入れてくださいました。 7そこで、私はこう言いました。 「神様。 いま私は、預言者が言っていたとおりに参りました。 8神様のおきてを心に刻んでいる私は、喜んでご意志に従います。」 9 私は会う人ごとに、神様が人の罪を赦してくださるという、うれしい知らせを伝えます。 そうすることにためらわなかったのは、よくご存じだと思います。 10私はこの良い知らせを胸の中にしまい込んだりはせず、かえって、神様のいつくしみと真実を多くの人にふれ回りました。 11 ああ神様。 あなたの愛と真実だけが頼りなのですから、あわれみを出し惜しまないでください。 12それがなければ、私は滅んでしまいます。 とても手に負えない問題が、山積みなのですから。 その上、数えきれない罪に責め立てられ、恥じ入るばかりで顔を上げることもできません。 身も心も縮み上がる思いです。 13 お願いです。 さあ、早く助けてください。 14-151415いのちをつけねらう者どもをかき乱し、追い払ってください。 あざけるやつらをいやと言うほど痛めつけ、赤恥をかかせてやってください。 16 しかし、神様とその救いを慕う人は、喜びにあふれますように。そして、常にその口からは、「神様はなんとすばらしいお方でしょう」という賛美がもれますように。 17 私は貧乏で、困っています。 しかし、神様はこんな時こそ、私を心にかけてくださっているのです。 ああ、救い主であられる神様、直ちに駆けつけて、救ってください。
Can i read the Bible on my phone/tablet?
Selected Verses