139 1 主よ。 あなたは私の心の奥底まで探り、どんなささいなことも見のがされません。 2私の立ち居振る舞いさえご存じです。 遠くからでも、私の内面をすべて読み取られます。 3また、私の進む道を下調べして、どこで休息をとるべきかも教えてくださいます。 常に私の居場所もご存じです。 4そして、口を開かない前から、私が何を言いたいかも見抜いておられます。 5先になりあとになりして、祝福の御手を伸べてくださいます。 6 しかし、このようなことはあまりにももったいない話で、ほんとうだとは信じがたいほどです。 7神様の視界から逃れることは決してできません。 身を隠すことも、不可能です。 8たとい天までのぼろうと、神様はそこにおられ、死の世界まで降りて行こうと、神様はそこで待っておられるのです。 9たとい朝風に乗り、地球の果てまで飛んで行こうと、 10神様の力強い腕は、私を導き、支えてくださいます。 11もし暗やみにまぎれ込もうとしたりすると、夜はさっと私を照らし出す光となるのです。 12神様の目をさえぎるのに、暗やみは、何の役にも立ちません。 神様のためなら、夜も昼のように輝くのですから。 13 神様は、精巧に私の体の各器官を造り、母の胎内で組み立ててくださいました。 14こんなにも複雑かつ緻密に仕上げてくださったことを感謝します。 その腕前は天下一品だと、よくわかっております。15秘密の工房で私を組み立てる時、神様は立ち合われました。 16生まれる前から、まだ呼吸を始める前から、神様の目は私に注がれており、その生涯にわたるご計画も、練り上げられていたのです。 17-181718主よ。 あなたが私をかた時も忘れずにいてくださる事実は、かけがえのない支えです。 あなたは一日に、数えきれないほど何度も、私のことを思い起こしてくださるのです。 朝、私が、まどろみから覚めるころにも、まだ私に思いを馳せていてくださるのです。 19 必ず、悪者どもは神様の手にかかって滅びます。 血に飢えた者どもよ、とっとと消え失せるがよい。 20神様の御名を汚し、横柄な態度をとる連中のばかさかげんには驚きます。 21主よ。 あなたを憎む者どもを、この私が憎まずにいられましょうか。 心を痛めずにいられましょうか。 22もちろん、憎まざるをえないのです。 あなたの敵は私の敵ですから。 23 ああ神様。 私の心を探り、その内面を調べ上げてください。24もし、あなたを悲しませるようなものがあるなら、教えてください。 そうして、永遠のいのちへの道からそれないようにお導きください。
Can i read the Bible on my phone/tablet?
Selected Verses