137 1 バビロンの川のほとりに座り、私たちはエルサレムをしのんで泣きました。 2手にしていた竪琴も柳の枝にかけてしまいました。3-434どうして歌う気になどなれましょう。 ところが、冷酷無比の征服者たちは、余興にシオン(エルサレム)の歌をうたえと、しつこくからみました。 5-656ああエルサレムよ。 もし私がおまえを忘れるようなことがあれば、もしおまえへの愛を失うようなことがあれば、この琴をひく腕が折れ、二度と歌えなくなるがいい。 7 神様、バビロン軍によるエルサレム陥落の日の、エドム人たちの仕打ちを忘れないでください。 「建物という建物はみなこわしてしまえ」とわめき散らしていました。 8どう猛な野獣、バビロンよ。今におまえは滅ぼされるぞ。 よくも私たちを痛めつけてくれたな。今度はお返しだ。 おまえを滅ぼしてくれる人には、祝福があるように。 9おまえの赤ん坊を、岩に投げつける人に、祝福があるように。
Can i read the Bible on my phone/tablet?
Selected Verses