27 1 きょう一日、何が起こるかわからないのに、あすの予定を得意になって話してはいけません。 2 自分で自分をほめるより、人からほめられるようにしなさい。 3 神様に背く者は、思いどおりにならないとすぐ腹を立て、手のつけようがありません。 4 怒られるよりも、嫉妬されるほうがこわいものです。 5 愛するあまり、悪いことをしても何も注意しないより、しかる時ははっきりしかるほうがいいのです。 6 敵にうわべだけ親切にされるより、友だちに傷つけられるほうがましです。 7 お腹がいっぱいだと、どんなごちそうでもまずく感じますが、腹ぺこだと何でもおいしく食べられます。 8 家を離れてあちこち移り歩く人は、巣を離れてさまよう鳥のようです。 9 友だちに励まされるのは、香水をつけたように気持ちのいいものです。 10 自分の友だちでも父親の友だちでも、友だちは大事にしなさい。 そうすれば、いざという時に遠くの親類をあてにしなくてすみます。 11 物わかりのいい人間になりなさい。 そうしたら、私もどんなにうれしく、鼻が高いことでしょう。 12 何かを始める時、物事のよくわかる人はきちんと見通しを立てますが、考えの足りない人は向こう見ずに手をつけて失敗します。 13 見ず知らずの人の借金を立て替える以上に危ない賭はありません。 14 朝まだ暗いうちに大声であいさつすると、いやがられます。 15 怒りっぽい女は、いつまでもしたたり続ける雨もりのようです。 16風を止めることも、油でぬるぬるした手で物をつかむこともできないように、彼女のぐちを止めることはできません。 17 鉄で鉄を打つと火花が散るように、友だち同士の熱のこもった議論は、互いの刺激となります。 18 果樹園の番人がそこの果物を食べるように、人のために働く者が給料をもらうのは当然です。 19 顔を映すのは鏡ですが、人のほんとうの心はどんな友だちを選ぶかでわかります。 20 野心と死には終わりがありません。 21 銀と金の純度はるつぼでテストされ、人は、ほめられた時にどのような態度をとるかでテストされます。 22 神様の教えに背くばか者につける薬はありません。 23-242324財産はすぐなくなり、王位もいつまでも続きはしません。 だから収入がいくらあり、家畜は元気かどうか気をつけなさい。 25-27252627牧草を刈り取り、二番草も取ったあと、山の草を集めなさい。 そうすれば、子羊の毛も山羊の乳も十分に取れ、家族の生活には困りません。
Can i read the Bible on my phone/tablet?
Selected Verses