1 1 ダビデ王の子、イスラエルの王ソロモンの教訓。 2-323ソロモン王がこの教訓を書いたのは、人々がどんな時にも物事を正しく判断し、だれをもえこひいきしないようにと考えたからです。 4「なんとかして人々に正しい生き方を教えたい。」 「若い人たちが正しい生活を送れるように警告してやりたい。」 これが彼の心からの願いでした。 5-656「物事のよくわかる人には、この知恵のことばの深い真理をもっともっと勉強して、人々を指導できるようになってもらいたい。」 7-9789では、どうしたら物事がよくわかるようになるでしょう。 それには、まず神様を信じ、神様を大切にすることです。 ばかな人にかぎって神様の教えをばかにします。 さあ、両親の忠告に従いなさい。 そうすれば、あとになって人々にほめられるようになります。 10 もし悪い仲間が、「よお、おれたちの仲間に入れよ」と言っても、きっぱり断わりなさい。 11たとい、こんなふうに誘われてもです。 「待ち伏せして人を襲い、洗いざらい巻き上げて殺すんだ。 12だれかれの区別もいらん。 13そうすれば、盗んだ物は全部いただきさ。 いろんな物があるぜ。 14さあ、仲間に入れよ。 取り分は山分けってところだ。」 15 決してその誘いにのってはいけません。 そんな連中には近寄らないようにしなさい。 16彼らは悪いことをするだけが生きがいで、人殺しが専門なのです。 17鳥はかすみ網が張られるのを見ると、近寄りません。 18ところが、この連中ときたら自分を罠にかけているのです。 まぬけなことに、罠をかけて自分のいのちをつけねらっているのです。 19暴力をふるったり人殺しをしたりする連中は、みなこうなります。 だれもろくな死に方はできません。 20 知恵は町の中で叫んでいます。 21目抜き通りをごった返す群衆や法廷の裁判官、そして国中の人に呼びかけているのです。 22「ばか者よ、いつまで聞き分けがないのか。 いつまで知恵をばかにし、素直に事実を認めないのか。 23さあ、私の言うことを聞いて、少しは利口になれ。 24私は何度も呼んだのに、あなたがたはそばに来ようともしなかった。 手をついて頼んでも、まるで知らん顔をしていた。 25私の忠告などどこ吹く風で、耳を貸そうともしない。 26だがいいか。 いつか困る時がくるぞ。 そうしたら、思いっきり笑ってやる。 私をばかにしたお返しだ。 27災いが嵐のように襲いかかり、恐れや苦しみに打ちのめされそうになってからでは遅い。 28その時になって助けてくれと言っても、私の知ったことじゃない。 血眼になって私を捜しても、すべてはあとの祭りだ。 29 それもこれもみな自分のせいだ。 わざと事実から目をそむけ、神様を信じもせず、 30私の忠告などそっちのけで、やりたいことをやっていたからだ。 31その報いを受けるがいい。 だれでもない自分で選んだ道なのだから、うんと苦しみ、恐ろしい思いもするがいい。 32私をきらうとは、全くばかな人たちだ。 一歩一歩死に近づいているのも知らずに、いい気になっている。 33だが、私の言うことを聞く人は違う。 何の心配もなく、平和な毎日を送るのだ。」
Can i read the Bible on my phone/tablet?
Selected Verses