2 1-212四か月ほどたった四月のある日、私が王にぶどう酒をついでおりますと、王がおことばをかけてくださったのです。 「浮かぬ顔をしておるな。 ぐあいでも悪いのか。 まるで大きな悩みでもしょい込んだようじゃぞ。」 その時まで、私は王の前では、いつも明るく振る舞っているつもりでした。 どぎまぎしながらも、こう答えました。 3「陛下、どうして悲しまずにおられましょう。 先祖たちの眠る町が廃墟となり、門も焼け落ちたままだと申しますのに。」 4-545「ふむ、いったいどうすれば、心が晴れるのじゃ。」 私は、すかさず天の神様に祈ってから答えました。 「もし、陛下のおこころにかなって、お許しいただけますなら、私めをユダに遣わし、先祖の町を再建させてください。」 6 「して、どのくらい行っているのか。 いつ戻ってまいるのじゃ。」 王は、かたわらの王妃ともどもお尋ねになりました。 こうして、王の承諾を得たのです。 さっそく、私は出発の日取りを決めました。 7 このほかにも、私は王に無心を願い出ました。 「もしよろしければ、ユーフラテス川以西の知事あての手紙を賜わり、途中、その国内を通らせてくれるよう、お取り計らいください。 8また、王室の森林管理人アサフへも手紙を賜わり、神殿付近の城門の梁と、城壁と、私の住まいを建てる材木を、提供させていただけませんでしょうか。」 神様の深いお恵みのおかげで、願いはかなえられました。 9 ユーフラテス川西岸まで来ると、私は知事に王の手紙を渡しました。 ついでですが、王は私に警護の将校と騎兵をつけてくれていたのです。 10ところが、私が来たことを知り、激怒した人物がいました。 ホロン人サヌバラテと、アモン人の役人トビヤです。 この二人は、だれでもイスラエルに手を貸そうとする者には、容赦しなかったからです。 11-121112エルサレムに着いて三日後、私は二、三の者だけを連れて、夜こっそり抜け出しました。 神様が私の心に示してくださったエルサレムに関する計画は、自分ひとりの胸のうちに秘めて、だれにも話していなかったからです。 私はろばに乗り、ほかの者は歩きました。13谷の門を通り、竜の泉に向かい、糞の門まで行き、くずれた城壁、焼け落ちた門を調べました。 14-151415次いで、泉の門と、王の池へ向かいましたが、私の乗ったろばの通れる場所がありませんでした。 そこで、町の回りを巡り、流れをさかのぼり、城壁を調べて、再び、谷の門から中に入りました。 16 町の役人たちは、私が出かけたことも、なぜ、そんなことをしたのかも知りませんでした。 この計画を、政府や宗教関係の要人にも、実際の工事にあたる人々にも、まだ打ち明けていなかったからです。 17 しかし、今や、私は人々に呼びかけました。 「諸君! この町の惨状に目を向けてくれ。 荒れ果てたままで、門も焼け落ちている。 さあ、もう一度エルサレムの城壁を築こうではないか。 われわれの町の恥をぬぐい去ろう。」 18 私は、神様がいだかせてくださった願いや、王との話し合いのいきさつ、それに王の同意を取りつけたことなどを話しました。 反応はすぐにありました。 「それはよかった。 さあ、城壁を建て直そうじゃないか。」 こうして、工事が始まったのです。 19 ところが、この話を耳にしたサヌバラテやトビヤ、アラブ人ゲシェムらは、せせら笑いました。 「何をするっていうんだ。 王様に反逆するつもりか。」 20 しかし、私は答えました。 「天の神様がお助けくださいます。 神様にお従いしている私たちは、必ずこの城壁を再建してみせます。 口出ししないでいただきたい。」
Can i read the Bible on my phone/tablet?
Selected Verses