1 1 ハカルヤの息子ネヘミヤの記録 ペルシヤのアルタシャスタ王の時代、第二十年の十二月のこと、シュシャンの宮殿に仕える私のもとに、 2親類のハナニが、ユダヤからの客数人を連れて、訪ねて来ました。 この時とばかり、私はエルサレムはどんな様子かと尋ねてみました。 「エルサレムへ戻ったユダヤ人たちは、よくやっているかね。」 3 「いや、実は、ひどいものです。 城壁はくずれ、門も焼き払われたままで。」 4 これを聞いて、私は泣きだしてしまいました。 それからというもの、断食して、幾日も、天の神様にひたすら祈って過ごしたのです。 5 「神様、偉大で、恐るべきことをなさる神様。 神様は、あなた様を愛し従う者には、約束を守り、愛と思いやりを示してくださるお方です。 どうか、この祈りをお聞きください。 6-767私の訴えに耳を傾けてください。 夜も昼も、イスラエル国民のために祈っている私に、目を留めてください。 確かに私どもは罪を犯してしまいました。 恐れ多くも、神様のしもべモーセによって示された戒めを破るような罪を、犯してしまったのです。 8しかし神様、神様はモーセに、こうお語りになったではありませんか。 『もし罪を犯せば、おまえたちを国々に散らそう。 9だが、心を入れ替えて立ち返り、わたしのおきてに従うなら、たとい地の果てからでも、エルサレムへ連れ戻してやろう。 エルサレムこそ、わたしの住まいとして選んだ地だからだ。』 10 私どもは神様に仕える者です。 その偉大なお力によって救われた国民です。 11神様、どうかこの祈りを聞き入れてください。 神様を喜び敬う者の祈りを、聞き捨てにしないでください。 王のもとへ行き、あることを願い出るつもりでおります。 どうかお助けください。 寛容な答えをいただけるよう、お取り計らいください。」 当時、私は王の献酌官をしておりました。
Can i read the Bible on my phone/tablet?
Selected Verses