1 1ヨタム王、アハズ王、ヒゼキヤ王がユダ王国を治めていた時代に、神様は、モレシェテの町に住むミカにお語りになりました。 それはサマリヤ(イスラエル)とユダについてのお告げで、幻によって示されたものです。 2よく聞け。 全世界の国民よ。 耳をすませ。 聖なる神殿に住まわれる神様が、おまえたちを告発したのだ。 3見よ、神様がおいでになる。 天の王座を離れ、山々のいただきを踏みながら、この地上においでになる。 4山々は、火に投げ込まれた蝋のように神様の足の下で溶け、水のように丘の上から谷へ流れ込む。 5どうして、こんなことが起こるのか。 積もり積もったイスラエルとユダの罪のせいだ。 どんな罪か。 それぞれの首都サマリヤとエルサレムを中心に行なわれている、偶像崇拝と虐待だ。 6 だから、サマリヤの町は完全に破壊され、瓦礫の山となる。 だだっ広い原野となり、その通りも畑にされ、ぶどうを植えるために掘り返される。 神様はイスラエルの城壁と要塞をこわし、土台をあばき、その石を谷底へ投げ捨てる。 7刻んだ像は一つ残らず粉々に砕かれ、献金で建てたきらびやかな偶像の神殿は、跡形もなく焼き払われる。 8わたしは、山犬の遠ぼえのように、声をあげて嘆こう。 まるで、夜、泣きながら砂漠を横切るだちょうのように。 悲痛と屈辱をかみしめながら、はだしで、しかも裸で歩こう。 9わたしの国民の傷が、とても治せないほど深いからだ。 神様はエルサレムを罰しようと、すでにその門に立っておられる。 10ガテの町はのろわれよ。 嘆き悲しむな。 ベテ・レアフラでは、恥ずかしさのあまりちりの中をころげ回れ。 11シャフィルの人は身ぐるみはがれて裸にされたまま、奴隷として引かれて行く。 ツァアナンの人は、町の外に一歩も出ようとしない。 ベテ・エツェルは、町の土台ごと一掃される。 12マロテの人は、これから幸せになると思っている。 だが、待ちかまえているのは苦痛だけだ。 神様が今にも、エルサレムを打とうとしておられるからだ。 13さあ、急げ! ラキシュの人よ。 いちばん速い戦車で逃げよ。 イスラエルのまねをして、ユダの国中を偶像崇拝の悪事に引きずり込んだのは、おまえたちなのだから。 14ガテのモレシェテに書き送れ。 もう救われる望みはない。 アクジブの町は、できもしない援助を約束して、イスラエルの王を欺いた。 15マレシャの人よ、おまえたちの町は敵の手に落ちる。 敵は、イスラエルの誉れであるアドラムにまで侵入する。 16泣け。 子供たちのために泣き悲しめ。 子供たちはあっという間に奪い去られ、二度と会えなくなる。 奴隷として遠くの地へ連れて行かれてしまった。 それゆえ頭をそって嘆き悲しむがいい。
Can i read the Bible on my phone/tablet?
Selected Verses