1 1これは、神様が預言者マラキをとおして、イスラエルにお与えになったお告げです。 2-323「おまえたちをとても愛している」と、神様は言われます。 ところが、あなたがたは「ほんとうですか? いつ、そうしてくださいましたか」と問い返します。 神様のお答えはこうです。 「おまえたちの先祖ヤコブを愛することによって、おまえたちに対する愛を示したのだ。 そうする理由など、さらさらなかったのに。 わたしは、ヤコブの兄エサウを退け、彼が相続する山地を荒廃させ、山犬しか住まない荒れ地とした。4エサウの子孫が、『その廃墟を建て直そう』と言うなら、わたしはこう言う。 『やりたいならやってみろ。 だが、わたしは再び廃墟にするぞ。』 彼らの国は邪悪の地と名づけられ、住民も神に見放された者たちと呼ばれるからだ。」 5さあ、イスラエルよ、目を上げて、神様が世界中でなさっていることを見なさい。 その時、あなたがたはこう言うようになります。 「ほんとうに、神様の大いなる御力は、イスラエルの国境を越えて全地に及んでいる。」 6「子は父を敬い、召使は主人を敬うものだ。 わたしはおまえたちの父であり、また主人なのに、おまえたちはわたしを少しも敬っていない。 ああ、祭司たちよ、おまえたちはわたしの名をさげすんでいる。」 「だれが? 私たちが、ですって? いつ、神様の御名をさげすんだというのですか。」 7「わたしの祭壇に汚れたいけにえをささげる時だ。」 「汚れたいけにえですって? いつ、そんなことをしましたか。」 「いつも、おまえたちは言っている。 『わざわざ高価なものを神様にささげる必要はない。 8祭壇にささげるのは、びっこの動物でたくさんだ。 そうそう、病気のだって、盲のだってかまわない。』これが悪いことではない、と言いはるのか。 総督に、そんな贈り物をしてみろ。 喜んで受け取るか、試してみるがいい。 9おまえたちは、『神様は私たちをあわれんでくださる。 神様は恵み深い』と口ぐせのように言う。 だが、そんな贈り物を持って来るおまえたちに、どうして好意を示せよう。 10ああ、神殿のとびらを閉ざして、こんないけにえを断固拒否する祭司が、一人でもいたらいいのだが。 もう、おまえたちには我慢がならん。 そんなささげ物など欲しくもない」と、天の軍勢の主は言われます。 11「ところで、わたしの名は外国人の間で、朝から晩まであがめられるようになる。 世界中どこでも、人々はわたしの名をあがめて、かぐわしい香りと、きよいささげ物をささげるようになる。 国々の間で、わたしの名が大いに高められるからだ。 12それなのに、おまえたちときたらどうだ。 祭壇など気にしなくていい、と言ったり、ささげる動物は安上がりの、傷ついたものでかまわない、と指示したりして、わたしの祭壇を汚している」と、天の軍勢の主はお語りになります。 13「『ああ、神様に仕え、神様が望んでおられることをするのは、なんとわずらわしいことだろう』と、おまえたちは言う。 そして、わたしが守るようにと与えた規則など、鼻であしらっている。 考えてもみろ。 盗んだ動物や、びっこや病気のものを、神へのささげ物としているのだぞ。 わたしが、そんなささげ物を受け入れると思うのか」と、神様は詰問なさいます。 14「神へのいけにえとして、群れの中から上等の雄羊をささげると約束しながら、傷のあるものと取り替える者は、のろわれる。 わたしは偉大な王であり、わたしの名は外国人の間で、大いに尊ばれているからだ」と、天の軍勢の主はお語りになります。
Can i read the Bible on my phone/tablet?
Selected Verses