12 1 ヨブの返事。 2 「あんたが博学で、何でもご存じだってことは、よくわかった。だがな、そんな知恵なんか、あんたといっしょに滅んでしまえ。 3あんたも、わしと似たりよったりさ。 それくらいのことは、だれだって知っているよ。 4わしは、神様に助けを願い、じきじきに答えていただいたこともあるのに、今は人の笑い草になってしまった。 品行方正なわしが、物笑いの種とはな。 5その一方では、金持ちどもが、難儀している者をあざけり、困っている者を目ざとく見つけてばかにする。 6物取りは栄えるものだ。 さあ、かまうことはないから、神様を怒らせてみたらどうだ。 別に罰があたるわけでもあるまい。 それでも神様は、必要なものはぜんぶ下さるだろうよ。 7-9789神様がどうしようもないわからず屋だってことぐらい、だれでも知っている。 犬畜生でも、それぐらいのことは知っている。 鳥に聞いてみろ。 そうだと答えてくれる。 地と、海の魚に教えてもらえ。 同じ答えが返ってくるさ。 10すべての生き物のいのちと、すべての人間の息とは、共に神様の御手のうちにあるからだ。 11舌が、うまいかまずいかを区別するように、思考力は、耳に入ることばが本当かうそかを聞き分ける。 12お説のとおり、わしのような老人には知恵と分別がある。 13だが、本物の知恵と力は神様だけのものだ。ただ神様だけが、わしらのなすべきことをご存じだ。 何といっても、神様には思慮がある。 14 おまけに、神様の力ときたらどうだ。 神様がこわしたものは、二度と建て直せない。 神様に追い詰められたら、観念するしかない。15神様が雨を引き止めると、地は砂漠となり、嵐を送ると、水浸しになる。 16このように、力と知恵は神様のものだ。 欺く者も欺かれる者も、共に神様の奴隷であることに変わりはない。 17 神様は助言者と裁判官をなぶりものにする。 18王を奴隷の身分に落とし、その召使たちを自由の身にする。 19祭司は奴隷のように売られていく。 神様は権力者を落ちぶれさせる。 20雄弁家からは声を、長老からは見識を奪い取る。 21君主をさげすみ、勇士を腰抜けにする。 22やみを光の洪水とし、死の暗い陰さえ明るくする。23国を興したかと思うと、滅ぼし、大国にしたかと思うと、没落させる。 24-252425王の分別を取り去り、道案内の明かりもないまま、手探りでやみの中をさまよわせる。
Can i read the Bible on my phone/tablet?
Selected Verses