36 1ヨシヤの子でユダ王朝のエホヤキム王の第四年に、神様からエレミヤに次のお告げがありました。 2「巻物を取り、わたしがイスラエル、ユダ、その他の国々について語ったことをみな書きつけよ。 まず、ヨシヤの時代に語ったことから始め、わたしのことばを残らず書き留めるのだ。 3ひょっとしたら、ユダの国民は、わたしがこれからしようとしている恐ろしいことが文字になっているのを見て、悔い改めるかもしれない。 そうすれば、彼らを赦す。」 4そこでエレミヤは、ネリヤの子バルクを呼びました。 バルクはエレミヤの口述どおり、全部の預言を筆記しました。 5書き終わったあと、エレミヤはバルクに言いました。 「私は囚人の身だから、 6次の断食の日、私の代わりに神殿でこれを読み上げなさい。 その日は、人々がユダ全国から上って来る。 7ひょっとしたら、彼らは悪の道を離れ、手遅れにならないうちに神様に赦しを求めるかもしれない。 もっとも、ここに書かれている神様ののろいは、すでに宣告ずみだがね。」 8バルクは言われたとおり、神殿で、神様のことばをひと言ももらさず人々の前で読みました。 9このことは、ヨシヤの子エホヤキム王の第五年にあたる十二月の断食日に起こりました。 その日、ユダ全国から人々が、神殿での儀式に参列するため上って来ました。 10バルクは巻物を読むため、シャファンの子の書記ゲマルヤの事務所へ行きました。 この事務所は新しい門の入口に近く、境内の奥の集会所のそばにありました。 11シャファンの子ゲマルヤの子ミカヤは、お告げを聞くと、 12宮殿の会議室へ報告に行きました。 ちょうど、役人たちが待っています。 そこにいたのは、書記官エリシャマをはじめ、シェマヤの子デラヤ、アクボルの子エルナタン、シャファンの子ゲマルヤ、ハナヌヤの子ゼデキヤのほかに、同じ職務につく人たちでした。 13ミカヤが事情を伝えると、 14-151415役人たちはクシの子シェレムヤの子ネタヌヤの子エフディを使いに出して、バルクに、自ら出向いて神様のお告げを語るようにと言わせました。 バルクは同意しました。 16 彼が読み終えると、一同はおびえきって言いました。 「ぜひ陛下のお耳に入れなければ……。 17何はともあれ、このお告げはどこから手に入れたのかね。 エレミヤが口述したのか?」 18バルクは、エレミヤの口述どおり書き写したと説明しました。 19役人たちはバルクに忠告しました。 「さあ、二人とも身を隠しなさい。 居場所をだれにも知らせてはいけない。」 20それから、巻物を書記官エリシャマの部屋に隠し、王に報告するために出かけました。 21 報告を聞いた王は、さっそくエフディに、その巻物を取って来させました。 エフディはそれを書記官エリシャマのところから持って来て、王とおそばの者たちの前で読みました。 22ちょうど十二月で寒かったため、王は宮殿の暖房設備のある部屋にいて、暖炉の前に座っていました。 23エフディが三、四段読むたびに、王はナイフでその部分を切り裂き、火に投げ入れたので、とうとう巻物はぜんぶ灰になってしまいました。 24-252425ところが、エルナタンとデラヤ、それにゲマルヤのほかは、だれも抗議もしません。 この三人は、巻物を焼かないようにと訴えましたが、王は耳を貸しませんでした。 そのほかの家来は、王のひどい仕打ちを見ても、感情を外に出しませんでした。 26王は王子エラフメエルとアズリエルの子セラヤ、それにアブデエルの子シェレムヤに命じて、バルクとエレミヤを逮捕させようとしました。 しかし、神様は二人を隠したのです。 27王が巻物を焼いたのち、神様はエレミヤに命じました。 28別の巻物を手に入れ、前のように、わたしの言ったことをすべて書き、 29その上で王に言え。 「神様は、こう宣告なさいます。前の巻物には、バビロン王がこの国を荒らし、何もかもこわすと書いてあったので、おまえは怒って焼いた。 30そこで、ユダ王朝のエホヤキム王について、次の一項目をつけ加える。 彼には、ダビデの王座につく者がいなくなる。 彼の死体は捨てられ、太陽の炎熱と夜の霜にさらされる。 31わたしは彼とその家族、それに家来たちを、それぞれの罪のゆえに罰する。 彼らに、またユダとエルサレムの全住民に、かねて予告しておいたすべての災いを下す。 わたしの警告を聞こうとしなかったからだ。」 32エレミヤは、もう一つの巻物を取り、先に言ったことをみなバルクに口述しました。 ただし、今度は、前にはなかったこともつけ加えてありました。
Can i read the Bible on my phone/tablet?
Selected Verses