32 1ネブカデネザル王の第十八年にあたる、ユダ王朝のゼデキヤ王の第十年に、神様からエレミヤに次のお告げがありました。 2そのころ、エレミヤは王宮の地下牢に閉じ込められており、一方、バビロンの軍隊はエルサレムを包囲していました。 3ゼデキヤ王が彼をそこに閉じ込めたのは、彼があくまで、エルサレムはバビロンの王に占領され、 4ゼデキヤ王も捕まり、捕虜としてバビロンの王の前に連れ出され、裁かれると預言し続けたからです。 5「彼は陛下をバビロンへ連れて行き、死ぬまで牢に入れておきます。 どうして、この事実を素直に認めないのですか。 勝てるはずはありません。 今、降伏しなさい。」 エレミヤは口をすっぱくして言いました。 6-767その時、神様からエレミヤに次のお告げがありました。 まもなく、シャルムの子ハナムエルが来て、アナトテにある畑を買ってくれと頼む。 おまえはいとこで、法律によると、それを買う優先権があるからだ。 8はたしてハナムエルは、そのとおり、牢にいるエレミヤを訪ね、こう頼みました。 「ベニヤミンの地のアナトテにある、私の畑を買ってくれないか。 法律によると、君にそれを買う優先権があるんだ。」 私は、彼の言うことがまちがいなく主から出たことを知りました。 9そこで畑を買うことにし、ハナムエルに銀貨十七枚を払いました。 10ちゃんと証人の前で契約書に署名した上で封印し、支払いをすませたのです。 11それから、さまざまの規約を記した封印された証書と、封印されていない写しを受け取り、 12いとこのハナムエルと証書に署名した証人との前で、看守に見守られながら、その証書をマフセヤの子ネリヤの子であるバルクに渡しました。 13それから、全員の聞いている前でこう指示しました。 14「イスラエルの神様である天の軍勢の主の命令です。 封印してある証書と封印のない写しを、つぼに入れて長く保管しておけ。 15やがてこの証書に価値の出る時がくる。 そのうちにきっと、人々は再びこの国に土地を持ち、家やぶどう園や畑を売り買いするようになる。」 16証書をバルクに渡すと、私は祈りました。 17「ああ神様。 神様は大きな力をもって天と地をお造りになりました。 神様にとって、難しいことは何一つありません。 18神様は愛と恵みに満ちたお方です。 しかし、父親が罪を犯したら、その子供を苦しめるお方でもあります。 偉大な全能の神、天の軍勢の主です。 19あらゆる知恵をたくわえ、目をみはるような大きな奇蹟をなさいます。 神様の視線は人のすべての道に注がれており、それぞれの生き方と行為に従って、一人一人に報いるのです。 20あのエジプトの国では、信じられないようなことをなさいました。 それらのことはみな、今日でも、私たちの記憶に残っています。 しかも、イスラエルばかりか全世界で、今も大きな奇蹟を行ない続けておられます。 こうして、ご自分の名を今日のように偉大なものとなさいました。 21神様は、目をみはる奇蹟と、大きな力、大きな恐れをもって、イスラエル人をエジプトから連れ出しました。 22ずっと以前に先祖に約束したこの国を、お与えになりました。 まことにそれは、乳と蜜の流れる地です。 23私たちの先祖はこの地を占領し、ここに住みつくようになりました。 ところが、彼らは神様に従わず、神様のおきてを守りませんでした。 神様に命じられたことを、ただの一つも行なおうとしませんでした。 だからこそ、この恐ろしい災いが下ったのです。 24ご覧ください。 町の城壁沿いに、とりでが築き上げられました。 バビロニヤ人がこの町を、剣とききんと伝染病によって攻め取ろうとしています。 何もかも、お告げのとおりになりました。 25まもなくこの町が敵の手に渡るというのに、神様は私に、畑を買い、証人たちの前で大金を払えとお命じになるのです。」 26すると、エレミヤにこのようなお告げがありました。 27わたしは、全人類の神、主だ。 わたしにとって、ただの一つでも不可能なことはない。 28わたしは必ず、この町をバビロニヤ人とバビロンの王ネブカデネザルの手に渡す。 彼がここを占領する。 29また、いま城壁の外にいるバビロニヤ人は、市内に侵入して町に火をつける。 屋上で香をたき、ほかの神々にぶどう酒を注いで、わたしの激しい怒りを買う原因となった家々を焼き払うのだ。 30イスラエルとユダは、若いころから悪いことばかりしてきた。 彼らは、ありとあらゆる悪でわたしを激怒させた。 31この町は、建てられた時から今日まで、わたしを怒らせることばかりしてきた。 だから、わたしはこの町を滅ぼす。 32イスラエルとユダの罪がわたしの顔を逆なでする。 33彼らはわたしに背いたまま、いっこうに立ち返ろうとしない。 わたしは毎年、くる日もくる日も正しいことと悪いことの区別を教えるのに、彼らは聞こうとも、言いつけを守ろうともしない。 34神殿の中でさえ憎むべき偶像を拝み、そこを汚した。 35それでも足りず、ヒノムの谷にバアルの高い祭壇を築いた。 そこで自分の子供を焼き、モレクへのいけにえとした。 こんなことは、命じた覚えもなければ、考えもしなかったことだ。 ユダに大きな罪を犯させる原因となったこの罪は、けたはずれに大きなものだ。 36だから今、イスラエルの神であるわたしは、この町が戦争とききんと伝染病によってバビロン王の手に落ちると断言する。 37しかしわたしは、わたしの国民を、憤って散らした国々から連れ戻す。 この町に連れ帰って、安らかに住まわせる。 38こうして、彼らはわたしの国民となり、わたしは彼らの神となる。 39また、わたしは彼らと彼らの子孫のためを考えて、彼らに、わたしを永久に拝む心と思いを与える。 40わたしは、二度と彼らを見限ることはなく、恵みだけを与える約束として、彼らと永遠の契約を結ぶ。 彼らの心に、わたしを拝もうという願いを入れるので、どんなことがあってもわたしから離れなくなる。 41わたしは心から喜んで彼らを幸福にし、この地に再び植える。 42これらの恐怖と災いを送ったように、その時は、約束しておいたすべての祝福を注ぐ。 43今はバビロニヤ人に荒らされ、人も家畜も姿を消したこの国で、再び畑が売買されるようになる。 44ベニヤミンの地でも、ここエルサレムでも、ユダの町々でも、山地でも、平野でも、ネゲブでも、もう一度、証書に署名し、封印し、証人を立てて、畑を売買するようになる。 わたしはいつか必ず、土地を彼らに返すからだ。
Can i read the Bible on my phone/tablet?
Selected Verses