2 1神様は再び、私にお語りになりました。 2さあ、出かけて行って、エルサレムの町の通りで、次のように大声で語れ。 わたしは、ずっと昔、おまえがまだ若い花嫁だったころ、わたしを喜ばせようとしてどんなに尽くしてくれたか、また、わたしを愛し、一本の草木も生えていない砂漠でさえも、わたしについて来てくれたことを覚えている。 3そのころ、イスラエルはきよい民、わたしの初子だった。 これに害を加える者はだれでも犯罪人とみなされ、これに触れる者には大きな災いが降りかかったものだ。 4-545ああ、イスラエルよ。 おまえの先祖は、どうしてわたしを置き去りにしたのか。 わたしのどこが、いけなかったのか。 わたしに背き、偶像を拝むなど、全くばかげている。 6彼らは、自分たちをエジプトから無事に連れ出し、だれも住まず、足も踏み入れない砂漠と岩の地、乾ききった死の地である荒野を導きとおしたのが、主であるこのわたしであったことに、目をつぶっている。 7わたしは彼らを、実り豊かな地に連れて入り、そこの祝福をぞんぶんに味わわせた。 ところが、彼らはそこを罪と腐敗の地に変え、わたしの相続地を汚した。 8祭司でさえ、神のことなどそっちのけにし、裁判官もわたしを無視した。 指導者連中はわたしに盾をつき、預言者はバアルを拝み、くだらないことで時間をつぶした。 9だが、まだおまえたちをあきらめたわけではない。 わたしに立ち返るようにと、根気よく、何度でも説得する。 のちのちの子孫の時代になっても、同じようにする。 10-111011あたりを見回して、たとい少しも価値がないものであったにせよ、昔からいた神々を、新しい神々と取り替えた国があったか、調べてみよ。 西にあるキプロスに使いを出し、東にあるケダルの砂漠に人をやり、こんなおかしなことを今までに聞いたことがあるかどうか、調べさせてみよ。 ところがわたしの国民は、栄光に輝く神を捨て、代わりに役立たずの偶像を取り入れた。 12天はこれを知ってショックを受け、恐怖に身をすくめる。 13わたしの国民は二つの悪事を重ねたのだ。 まず、いのちの水の泉であるわたしに見切りをつけ、次に、水をためることもできない、こわれた水ためを作った。 14イスラエルは、どうして奴隷の国になり下がったのか。 どうして捕虜となり、遠い国へ連れて行かれたのか。 15わたしには、エルサレムに向かって進んで来る大軍が見える。 彼らは天にも届くような大声をあげてエルサレムを破壊し、焼き払い、人の住まない荒れ地とする。 16わたしには、エルサレムへ攻め上ろうとしているエジプトの軍隊も見える。 メンピスとタフパヌヘスの町々から行軍して来て、イスラエルの栄光と力を踏みにじろうとしている。 17こうなったのは、神であるわたしがおまえを導き、行くべき道を示そうとしたのに、おまえが反抗したからだ。 18エジプトやアッシリヤと手を組んで、どんな得をした? 19身から出たさびが、おまえに罰を加える。 神である主に刃向かい、いとも簡単に神を捨てることがどんなに悪いことであり、恐ろしいことであるかを、身をもって知るようになる。 こう天の軍勢の主は宣告なさいます。 20おまえはとうの昔に、わたしのくびきを払いのけ、わたしのきずなを断ち切った。 頑として、わたしの言うことを聞こうとしない。 すべての丘の上、またすべての木の下で、偶像に深々と頭を下げたのだ。 21こんなことが、ありうるだろうか。 どうして、こんなことになったのか。 おまえを植えた時、あんなに注意して、最上の苗木を選んだというのに。 どうして、これほど堕落した悪い人種になったのか。 22どれほどの石けんと灰汁を使っても、おまえはきれいにならない。 どんなことをしても洗い流せない罪の汚れが、こびりついている。 それがいつも、わたしの目の前にちらついている。 こう神様は言います。 23それでもなお、そんなはずはない、偶像を拝んだ覚えなどない、と言いはるのか。 そんなことを言えた義理だろうか。試しに、この国のどの谷へでも行ってみよ。 あくせくと雄を捜し求める雌のらくだよ、おまえの犯した恐ろしい罪を、まともに見つめよ。24おまえは、さかりのついた時期にくんくんと鼻を鳴らす、野ろばそのものではないか。 だれが、おまえの欲情を抑えることができようか。 雄のほうでは、別におまえを捜す必要はない。 なにしろ、おまえのほうで飛んで来るのだから。 25どうしてそのように労苦もいとわず、ほかの神々の尻を追い回すのか。 おまえは言う。 「おせっかいはやかないでください。 私はこの他国の人に恋をしてしまったのです。 今は好きで好きでたまりません。」 26-272627イスラエルは、どろぼうのように、捕まることだけを恥と考えている。 王、指導者、祭司、それに預言者も、この点ではみな同じだ。彼らは木彫りの像を父と呼び、石細工の偶像を母と呼ぶ。 ところが、いざ困ったことが起こると、助けてくださいと、わたしに泣きつく。28どうして、手作りの神々に願をかけないのか。 危険が近づいたら、彼らに助けてもらえばいい。 ユダの町の数ほども神々をかかえているのだから。 29おまえたちはみな反逆者だ。 なぜわたしと言い争うのか。 30おまえたちの子らを懲らしめてみたが、むだだった。彼らは、いっこうにわたしに従おうとしない。 おまえたち自身も、ライオンが獲物を殺すように、わたしの預言者たちを殺した。 31ああ、わたしの国民よ、神のことばに耳を傾けよ。 わたしはイスラエルに、何か不正をしただろうか。 彼らにとって、暗やみにおおわれた地のようであっただろうか。 なのにどうして、わたしの国民は「これでやっと、神様から自由になれた。 神様とは、もう二度とかかわりになりたくない」と言うのか。 32どうして、こんなにも簡単に神を捨てることができるのか。 おとめは、自分のたいせつな宝石を忘れはしない。 どんな花嫁も、結婚衣装を隠すようなばかなまねはしない。 ところがどうだ。 わたしの国民は、最も貴重な宝であるわたしを、長いあいだ忘れたままでいる。 33おまえたちは恋人を手に入れるためには、なんと念入りで巧みな計画を立てることか。 そのやり方は、腕ききの売春婦でさえ、学ぶところが多いというものだ。 34着ている物には、罪のない貧しい人の血がついている。 おまえたちは理由もなしに、ずうずうしくも人殺しをやってのける。 35しかも、そのあとは口をぬぐい、「神様を怒らせるようなことなど、一つもしていないさ。 だから、神様が腹を立てるわけがない」ととぼける。 「罪を犯していない」と、あくまでも白を切る以上、わたしはおまえたちをきびしく罰する。 36おまえたちは、ここかしこと飛び回り、次々と同盟国を乗り換え、助けを求めて歩き回る。 だが、そんなことをしてもむだだ。 おまえたちの新しい友人であるエジプトは、かつてのアッシリヤのように、おまえたちを見捨てる。 37わたしがおまえたちの頼りにしている者を退けるので、おまえたちは両手で顔をおおい、失望のあまりしゃがみ込んでしまう。 たとい彼らの助けがあったにしても、うまくいくはずはない。
Can i read the Bible on my phone/tablet?
Selected Verses