1 1ここに書いてあるのは、ユダのベニヤミンの地のアナトテという町に住んでいた祭司、ヒルキヤの子エレミヤへの神様のお告げです。2アモンの子でユダ王朝のヨシヤ王の治世第十三年に、最初のお告げがありました。 3そののち、ヨシヤの子でユダ王朝のエホヤキム王の時代など、ヨシヤの子でユダ王朝のゼデキヤ王の治世第十一年の七月にエルサレムが陥落して、住民が奴隷として連れ去られるまで、数回にわたってお告げがありました。 4神様は私に、こうお語りになりました。 5「おまえが母の胎内に宿る前から、おまえを知っていた。 おまえが生まれる前から、おまえをわたしのものとして取っておき、国々へのわたしの代弁者に任命していた。」 6「神様、とんでもないことです。 そんなことができるはずはありません。 何と言っても若すぎます。 まだほんの青二才ですから。」 7「そんな言い方をするものではない。 おまえは、わたしの送り出す所はどこへでも行き、命じることはどんなことでも語るようになるのだ。 8人を恐れてはいけない。 主であるこのわたしがついていて、どんな時にも面倒を見てやる。」 9こう言ってから、神様は私の口にさわりました。 「さあ、わたしのことばをおまえの口に入れた。 10きょうから、世界の国々に警告するおまえの仕事が始まる。 おまえの口から語られるわたしのことばどおりに、わたしはある国を引き倒し、あるいは滅ぼし、ある国は起こし、育て、大国にする。」 11それから、こうお尋ねになりました。 「エレミヤよ、何が見えるかね。」 「アーモンドの枝でできたむちが見えます。」 12「よくわかったな。 そのむちは、わたしが必ず恐ろしい罰を下すというしるしだ。 13さあ、今度は何が見えるかね。」 「煮立っているなべが、南の方に傾き、ユダの上に煮え湯がこぼれているのが見えます。」 14「そのとおり。 北からの恐怖が、この地の全住民に降りかかる。15わたしは北方の国々の軍隊に、エルサレムを攻めさせる。 彼らは都の門と城壁沿いに、またユダのほかの町々に、それぞれの王座をつくる。 16このようにして、わたしの国民に罰を加える。 彼らがわたしを捨て、自分の手で作った神々を拝んだからだ。 17さあ、立って身じたくを整え、出かけなさい。 わたしが伝えるとおりを彼らに語るのだ。 彼らをこわがるな。 さもないと、おまえを彼らの目の前で物笑いの種にするぞ。 18わたしはきょう、おまえを彼らには歯の立たないものとした。 彼らはどのようにしても、おまえに危害を加えることはできない。 おまえは、難攻不落の要塞化した町のようにがんじょうそのもので、鉄の柱、青銅製の重い門のように強いのだ。ユダの王たち、将校たち、祭司たちをはじめ、この国民は、おまえと戦っても、とうてい勝ち目がない。 19攻撃をしかけても、途中であきらめる。 わたしがおまえについていて、きっと救い出すからだ。」
Can i read the Bible on my phone/tablet?
Selected Verses