56 1正義を守り、すべての人に公平であれ。 主である神様はこう命じます。 正しいと思うことをやれ。 もうすぐ、おまえを救い出しに行くからだ。 2わたしの安息日にはどんなことがあっても仕事をせず、細心の注意をはらってこの日を守る人はしあわせだ。 自分をきびしく監視し、悪いことをいっさいしない人はしあわせだ。 3わたしの祝福は、神を信じる外国人にも及ぶ。 彼らは、二の次にされるなどと考えてはならない。 宦官の場合も同じだ。 ほかの人同様、彼らも完全にわたしのものとなれる。 4安息日をきよい心で守り、わたしの喜ぶことを進んで行ない、おきてをきちんと守る宦官に、こう約束する。 5わたしの家とわたしの城壁のうちで、子だくさんの者が受ける称賛など比べものにならない、良い名前を与える。 わたしが与える名前はいつまでも価値のあるもので、決してすたれることはない。 6また、神の国民の仲間入りをしてわたしに仕え、わたしの名を愛し、わたしのしもべとなって安息日をきよく守り、わたしの契約を受け入れた外国人には、次のように約束する。 7エルサレムにあるわたしの聖なる山へ連れて行き、わたしの祈りの家でこおどりして喜ばせる。 わたしは彼らのいけにえや供え物を受け入れる。 わたしの神殿は「すべての民族の祈りの家」と呼ばれるようになるからだ。 8追放されたイスラエル国民を呼び戻す神様は、神様の国民イスラエル以外の者たちも集めると告げます。 9野の獣よ、来て羊を裂き殺せ。 森の獣よ、来て、わたしの国民の骨までしゃぶれ。 10わたしの立てた見張りであり羊飼いであるイスラエルの指導者は、みな明き盲で、危険に気づかない。 そろって低能で、危険が近づいても警告しない。 ごろりと横になり、寝込んで夢を見るのが大好きだ。 11貪欲な犬で、満足することを知らない。 自分の利益だけを追い求める間抜けな羊飼いで、めぼしいところから、できるだけ多くもうけてやろうと目を光らせている。 12彼らはこう言った。 「さあ、酒を手に入れ、宴会を開こう。みんなで酔っ払うんだ。 これこそ生きがいというものさ。 さあ、浴びるほど飲もう。 明日は今日よりもっとすばらしいことがあるかもしれないぜ。」
Can i read the Bible on my phone/tablet?
Selected Verses