50 1神様は問いかけます。 わたしはおまえたちを債権者に売り飛ばしただろうか。 そのために、おまえたちはここにいないのか。 わたしがおまえたちの母親と離婚し、追い出したから、彼女の姿が見あたらないのか。 とんでもない! おまえたちが、自分の罪のために自分を売ったのではないか。 母親は借金のかたに連れ去られたのだ。 2わたしに力がなくて、おまえたちを救えないのだろうか。 それがために、わたしが帰宅してみると、家はからっぽで静まり返っているのだろうか。 わたしにはもう、おまえたちを救い出す力がないとでも言うのか。 とんでもない! そのつもりになれば、海をしかりつけ、干上がらせることも何でもない。 多くの川が流れる平野を砂漠とし、死んだ魚でいっぱいにすることもできる。 3空一面をやみでおおうことさえできるのだ。 4神様は私に、知恵のことばを授けました。 疲れきった人に何を言ったらいいかを教えるためです。 朝ごとに、神様は私の目を覚まし、理解力を深め、みこころを示してくださいます。 5神様のおことばを、私は耳をすまして聞きます。 逆らったり、そっぽを向いたりはしません。 6私はむち打つ者に背中をさらし、ひげを抜き取る者に顔を差し出しました。 恥さらしになっても、逃げも隠れもしません。 彼らは私の顔につばをはきかけました。 7神様のお助けがあるので、私はうろたえたり、気を落としたりしません。 断固として決意を固め、神様の命じることを行ないます。 しかも、必ず勝つと確信しています。 8私が正しいと認めてくださる方が、そばにおられるのです。 さあ、だれが相手になるのか。私の敵はどこか。 いたら、姿を現わしてもらいたいものだ。 9神様が味方である以上、だれも、私に罪があるときめつけることはできません。 敵はみな、しみに食われた古着のように、ぼろぼろになります。 10あなたがたのうち、神様を恐れ、主のしもべに聞き従う者はだれですか。 もしそのような人が今、やみの中にいて、一筋の光もないというなら、主に頼り、神様にすがってもらいたいものです。 11しかし、自分の光の中を歩き、神様の火ではなく、自分の火に暖まっている者よ。 あなたがたは悲しみに明け暮れるようになります。
Can i read the Bible on my phone/tablet?
Selected Verses