1 1これは、ダリヨス一世の治世の第二年の八月下旬に、預言者ハガイに示された、神様からのお告げです。 ハガイはそれを、シェアルティエルの子でユダの総督ゼルバベルと、エホツァダクの子の大祭司ヨシュアとに伝えました。 この二人へのお告げだったからです。 2「なぜ、今は神殿を再建する時期ではないと、だれもが言うのか」と、神様はお尋ねになります。 3-434神様のお答えはこうです。 「神殿が荒れ果てたままなのに、おまえたちだけが、ぜいたくな家に住むべき時だろうか。 5その結果はどうか。 6いくら種をまいても、ほんのわずかしか収穫がない。 飲み食いにも事欠き、寒さを防ぐ衣服もない有様ではないか。 収入は、まるで底のぬけたポケットに入れるように、すぐなくなってしまう。」 7天の軍勢の主はこうお語りになります。 「自分たちがどんなことをしてきたか、また、その結果どうなったかをよく考えよ。 8さあ、山に登り、材木を切り出し、神殿を再建せよ。 わたしは喜んで受け入れ、わたしの栄光をそこに現わそう。 9おまえたちは多くを望んでも、少ししか得られない。 それを家に持ち帰っても、わたしが吹き飛ばす。 結局、なくなってしまうのだ。 なぜか。 神殿が廃墟のままなのに、心にもかけないからだ。 わが家をよくすることばかりに気を配っている。 10だから、わたしは雨を降らせず、わずかな収穫しか与えない。 11平地にも高地にも、ひどい日照りをもたらす。 麦も、ぶどうも、オリーブも、他の穀物も、みな干からび、人も家畜も飢えに苦しむ。 いくら仕事に精を出しても、すべては水の泡だ。」 12すると、シェアルティエルの子でユダの総督ゼルバベルと、エホツァダクの子の大祭司ヨシュアと、この地に残ったわずかな国民は、神様がハガイに示したお告げに従いました。 真剣に、神様を礼拝するようになったのです。 13そのとき神様は再び、神様の使いであるハガイによって、彼らにお語りになりました。 「わたしはおまえたちと共にいて祝福する。」 14-151415こうして、神様が神殿再建の願いを起こさせたので、彼らはみなダリヨス王の治世の第二年の九月上旬に集まり、進んでその仕事に取りかかりました。
Can i read the Bible on my phone/tablet?
Selected Verses