1 1これは、幻のうちに、神様から預言者ハバククに示されたお告げです。 2神様、助けを求める私の祈りに、いつになったら耳を傾けてくださるのですか。 何のお答えもないので、私はむなしく叫ぶばかりです。 「助けてくれ、人殺しだ」といくら叫んでも、だれも助けに来てくれません。 3私を取り囲んでいる罪と悲惨を、いつまで見続けなければならないのですか。 どこもかしこも不正な権力と金力がはびこり、人は好んで議論や争いにふけっています。 4法は無視され、法廷では正しい裁きが行なわれません。 悪人が正しい人の上にのさばり、贈賄や詐欺が公然と行なわれているからです。 5神様はお答えになりました。 「よく見ろ。 わたしが今しようとしていることを知ったら、おまえは肝をつぶすだろう。 それは、おまえが生きているうちに起こる。 聞いただけでは、とても信じられないようなことだ。 6地上の新しい勢力として、カルデヤ人〔アッシリヤに対抗してバビロニヤ帝国を築いた民族〕を起こす。 残忍で横暴なこの国民は、世界を踏みにじり、次々と征服する。 7その残酷さは世に鳴り響く。 彼らは、やりたいほうだいのことをするが、だれも止めることができない。 8その馬は豹よりすばやく、国民の狂暴さは日暮れの狼もかなわないほどだ。 騎兵は、鷲が急降下して獲物に飛びかかるように、はるかかなたから得々と突き進んで来る。 9刃向かおうとした者もみな、その姿を見るなり、おびえて戦う気力を失う。 まるで砂でも集めるように、彼らは捕虜を集める。 10彼らは王や王子をあざけり、要塞をも鼻であしらう。 城壁に向かっていとも簡単に土を積み上げ、それを占領してしまう。 11風のようにさーっと襲い、すばやく引き揚げて行く。 だが、彼らの罪はとてつもなく重い。 その力は自分たちの神々から与えられた、と言いはるからだ。」 12ああ、私の神様、聖なる永遠のお方よ。 私たちを地上から抹殺するために、このような計画をお立てになったのですか。 断じて違います。 ああ、私たちの岩である神様。 神様は、恐ろしい罪を犯した私たちを懲らしめ、正しい者にしようとして、カルデヤ人を起こされたのです。 13私たちは確かに悪いのですが、彼らはもっと悪いのです。 どんな罪をも見のがさない神様は、私たちがのみ込まれてしまうのを、ただそばに突っ立って、見ておられるのですか。 極悪人どもが、彼らよりましな者を痛めつけるのを、黙って見過ごされるのですか。 14私たちは、捕らえられて殺される魚にすぎないのですか。 敵から守ってくれる指導者がいないので、おずおずとはい回る虫けらにすぎないのですか。 15彼らは楽しみながら、私たちをつり針でつり上げたり、網で捕らえてしまうのですか。 16そうであるなら、彼らはその網を拝み、その前で香をたいて、「これが、われわれをこんなに豊かにしてくれた神々だ」と言うでしょう。 17いつまでも、こんなことをさせておくのですか。 これからも、彼らは情け容赦なく戦い、勝ち抜いていくのでしょうか。
Can i read the Bible on my phone/tablet?
Selected Verses