40 1-3123その後しばらくして、王宮のコック長とぶどう酒の毒味役とが、王のきげんをそこね、牢に入れられました。 親衛隊の隊長で刑執行の責任者ポティファルの邸内にあった牢、ヨセフが入っている、あの牢です。 4しばらくの間、二人はそこに閉じ込められていました。ポティファルはヨセフに、彼らの世話をするよう命じました。 5ある夜、二人は夢を見ました。 6翌朝ヨセフが行くと、二人とも元気がなく、うなだれています。 7 「どうなさったのです。 何か心配事でも?」 8 「実はゆうべ二人とも夢を見てね、その意味がさっぱりわからず、困っていたんだ。」 「夢を解釈するのは神様です。 で、どんな夢です? よろしければお聞かせください。」 9-10910ぶどう酒の毒味役が、初めに口を切りました。 「私の夢はこうなんだ。 ぶどうの木があって、見ると枝が三本ある。 それにつぼみができ、花が咲き、実がなった。 11私は片手に王様のワイングラスを持っていたので、その中にぶどうの汁を絞り出し、王様にささげると、それを飲んでくださった、というんだがね。」 12 「その夢の意味はこうですよ。 ぶどうの三本の枝は三日間ということです。 13三日したら、王様はあなたを牢から出し、前と同じ、ぶどう酒の毒味役に取り立ててくださいますよ。 14その時は、私のこともよろしくお願いします。 また王様のお気に入りの地位に戻るのですから、じきじきに私のあわれな身の上を話し、ここから出られるようお口添えください。 15私はもともとヘブル人ですが、誘拐されてここへ来たのです。 そして、無実の罪で、牢に入れられてしまったのです。」 16 最初の夢の解き明かしがよかったので、コック長は、わくわくしながら自分の夢を話しだしました。 「わたしの夢では、頭にパンかごを三つ載せていた。 17いちばん上のかごは、王様の召し上がるパンやケーキ類でいっぱいだった。 ところがどうだろう。 鳥が来て、片っぱしから食べてしまったんだ。」 18-191819「三つのかごは、やはり三日間のことですよ。 ただ、あとがいけません。 三日後、あなたは死刑になります。 枝につるされ、鳥に肉をついばまれるのです。」 20 三日後は王の誕生日でした。 それで、王宮の役人や使用人たちをみな招いて、宴会が開かれました。 そのとき王が使いをやって、ぶどう酒の毒味役とコック長を呼んだので、二人は牢から出され、王のところへ連れて来られました。 21王は、毒味役を前と同じ仕事に戻したのですが、 22コック長のほうは死刑にして柱につるせ、と命じました。 ヨセフの言ったとおりです。 23ところが、毒味役はあまりうれしくて、ヨセフのことなどすっかり忘れ、王に口添えするどころではありませんでした。
Can i read the Bible on my phone/tablet?
Selected Verses