28 1 そこで、イサクはヤコブを呼び寄せ、祝福して言いました。 2「おまえはカナン人の女と結婚してはいけないよ。 パダン・アラムに、ベトエルといってな、おまえのおじいさんの家がある。 そこへすぐ行きなさい。 ラバン伯父さんのところの娘と結婚するのだ。 3全能の神様がおまえを祝福し、たくさんの子供を授けてくださるように。 たくさんの部族を持つ大きな国にしてくださるように。 4おじいさんのアブラハムに約束されたすばらしい祝福が、おまえと子孫に受け継がれるように。 わしらは今ここでは外国人だが、おまえの代にこの地を手に入れることができるように祈る。 神様がおじいさんに約束されたようにな。」 5 こうしてイサクは、ヤコブをパダン・アラムのラバンのもとへやりました。 アラム人ベトエルの息子ラバンは、リベカの兄で、ヤコブには伯父にあたります。 6-8678エサウは、父親が土地の女を快く思っていないこと、そして両親が、ヤコブを祝福したうえでパダン・アラムへやったことを知りました。 ヤコブの結婚相手をカナン人の女からではなく、パダン・アラムで見つけるためでした。 ヤコブも両親の言いつけどおり出発したというのです。 9それでエサウは、イシュマエル伯父の家へ行き、今いる妻のほかに、さらに妻をめとりました。 その人は、アブラハムの息子イシュマエルの娘で、ネバヨテの妹マハラテでした。 10 さて、ヤコブはベエル・シェバを出発し、カランへ向かいました。11とある所まで来ると、日はとっぷり暮れ、野営しなければなりません。 あたりに転がっている石を枕に、ごろっと横になりました。12その晩のことです。 不思議な夢を見ました。 天までも届く階段がそびえ、神様の使いが上ったり降りたりしているのです。 13 ふと見ると、神様がそばに立っておられます。 「わたしは神、アブラハムの神、おまえの父イサクの神である。 おまえがいま寝ている土地はおまえのものだ。 それを、おまえとおまえの子孫に与えよう。 14子孫は地のちりのように多くなり、東西南北、あらゆる方角へ増え広がり、この地全体に住みつくだろう。 おまえとおまえの子孫によって、世界中の国々が祝福される。 15おまえがどこへ行こうと、わたしはいつも共にいて、おまえを助ける。 無事この地に帰れるように、必ず守ってやる。 約束のものを全部わたすまで、いつでも共にいてやろう。」 16-171617そこで目が覚めました。 「神様はここにもおられる。 知らないうちに神様の家に入り込んでいたのだ。 ここは恐れ多くも天国への入口なのだ。」 ヤコブはこわくなって思わず叫びました。 18明くる朝はやく起き、枕にした石を立てて記念の柱とし、オリーブ油を注ぎかけました。 19そして、そこをベテル〔「神様の家」の意〕と名づけました。 そのあたりは以前、ルズと呼ばれていたのです。 20 ヤコブは神様に誓いました。 「神様、もし神様がこの旅行でわたしを助け、守ってくださり、衣食にも不自由させず、 21無事に父の家に帰してくださるなら、神様を私の神といたします。 22この記念の柱を礼拝の場所とし、神様からいただいた物の十分の一は、きちんとお返しいたします。」
Can i read the Bible on my phone/tablet?
Selected Verses