21 1-212さて神様は、約束どおりのことをなさいました。 サラに子供ができて、年老いたアブラハムの息子を産んだのです。 その時期も、神様が言われたとおりでした。 3アブラハムはその子をイサク〔「笑い声」の意〕と名づけました。 4-545そして、生まれて八日目に、神様から命じられたとおり、割礼を受けさせました。 この時、アブラハムは百歳でした。 6 サラは大喜びです。 「神様のおかげで、私もようやく笑えるようになったわ。 私に赤ちゃんができたと知ったら、皆さんがいっしょに喜んでくれるでしょうよ。 7まるで夢のようだわ。 年老いた主人のために、赤ちゃんを産んだのですもの。」 8 子供は日を追って大きくなり、やがて乳離れする時になりました。アブラハムはうれしくてたまりません。 子供の成長を祝ってパーティーを開きました。 9ところが、エジプト人の女ハガルが産んだイシュマエルが、弟イサクをからかい半分にいじめたのです。 それを目ざとく見つけたサラは、 10アブラハムにせがみました。 「ねえ、あなた、あの女奴隷と子供を追い払ってくださいな。 跡継ぎはイサクに決まってるし、あの子に財産の分け前をやるなんて、私は絶対いやですわ。」 11 アブラハムは困り果てました。 なんと言っても、イシュマエルだって自分の子供なのです。 12 しかし神様は、アブラハムを力づけました。 「あの子と女奴隷のことは、あまり心配してはいけない。 サラの言うとおりにしなさい。 わたしの約束はまちがいなくイサクによって成就するのだ。13だが、ハガルの子もおまえの息子だ。 必ずその子孫の国を大きくしてやろう。」 14 翌朝、アブラハムは早く起きました。 さっそく旅行用の弁当を用意し、水を入れた袋をハガルに背負わせると、息子といっしょに送り出しました。 二人はベエル・シェバの荒野まで来ましたが、どこといって行く先はありません。 ただあてもなくさまようばかりです。15やがて水も底をつきました。 もう絶望です。 彼女は子供を灌木の下に置き、 16自分は百メートルほど離れた所に座りました。「とても、あの子が死ぬのを見ていられないわ。」 そう言うと、わっと泣きくずれました。 17 その時、天から神様の使いの声が響きました。 神様が子供の泣き声を聞きつけたのです。 「ハガルよ、どうしたのだ。 何も恐れることはないのだよ。 あそこで泣いているあの子の声を、神様はちゃんと聞いてくださった。 18さあ早く行って子供をしっかり抱きしめ、慰めてやりなさい。 必ずあの子の子孫を大きな国にすると約束しよう。」 19 こう言われて、はっと気がついてみると、なんと井戸があるではありませんか。 大喜びで水を袋の口までいっぱいにし、子供にも飲ませました。 20-212021神様に祝福されて、少年はパランの荒野でたくましく成長し、やがて弓矢の達人になりました。 そして、母親がエジプトから迎えた娘と結婚しました。 22 この頃のことです。 アビメレク王と軍の司令官ピコルとが、アブラハムのところへ来て言いました。 「あなたは何をしても神様に守られておいでだ。 それは、だれが見てもはっきりしていますな。23そこで、折り入ってお願いしたい。 私や息子、孫たちをだましたりせず、今後もわが国と友好関係を保っていくことを、神様の名にかけて誓ってくれないだろうか。 あなたにはこれまで、ずいぶんよくしてきたはずだが。」 24 「いいですとも、誓いましょう。」 25しかし、その時アブラハムは、王の召使がアブラハムの召使を脅して井戸を奪い取ったことで、不服を申し立てました。 26 「はて、それは初耳ですな。 いったいだれが、そんなことを……。その時すぐ言ってくださればよかったのに。」 27 こうして契約を結ぶことになり、アブラハムはそのしるしに、羊と牛を王に与えて、いけにえとしました。 28-292829ところが、彼が雌の子羊を七頭別にとっておいたのを見て、王は尋ねました。 「これは、どういうわけかね。」 30 「実は、この子羊は王様への贈り物です。 これで、この井戸が私のものだということを、はっきりさせようと思いまして。」 31 そののち、この井戸はベエル・シェバ〔「誓いの井戸」の意〕と呼ばれるようになりました。 王とアブラハムが、そこで契約を結んだからです。 32そのあと、王と司令官ピコルは、国へ帰りました。 33アブラハムは井戸のそばに柳を一本植え、そこで神様に祈りました。永遠の神様に〔契約の証人となっていただくため〕です。 34こうしてアブラハムは、ペリシテ人の国に長いあいだ住むことになりました。
Can i read the Bible on my phone/tablet?
Selected Verses