17 1 アブラムが九十九歳になった時、神様が彼に現われました。「わたしは全能の神である。 わたしの命令に従って正しく生きなさい。 2-4234わたしはおまえと契約を結ぶ。 おまえが大きな国民になることを保証する契約だ。 事実、おまえは一つの国民だけでなく、たくさんの国の先祖となるのだ。」 神様が話すのを、アブラムは地にひれ伏し、顔をすりつけんばかりにして聞いていました。 5 「もう一つある。 わたしはおまえの名前を変えようと思う。これからは『アブラム』〔「地位の高い父」の意〕ではなく、『アブラハム』〔「国々の父」の意〕と名のりなさい。 実際そうなるからだ。宣言してもかまわない。 6子孫を数えきれないほどふやそう。 たくさんの国ができることだろう。 おまえの子孫からは王も出る。 7-878この契約を、わたしは何世代にもわたって永遠に守り続ける。 おまえだけでなく、おまえの子孫との間の契約でもあるからだ。 わたしがおまえの神となり、また、おまえの子孫の神となるという契約なのだ。 このカナンの全土は永久におまえとおまえの子孫のものだ。 そして、わたしがおまえたちの神となる。 9-10910おまえは契約の条件を忠実に守らなければならない。 おまえもおまえの子孫も一人残らずだ。 その条件というのは、男はみな割礼を受けるということだ。 11つまり、生殖器の包皮を切り取る。 これが、おまえたちがこの契約を受け入れたしるしとなる。 12男の子はみな、生まれて八日目に割礼を受けなければならない。 おまえの家の子だけでなく、外国人の奴隷も、男はみな受ける。 この条件は永遠に変わらない。 おまえの子孫全員に適用すべきものだ。 13例外は一人も認められない。 割礼は、おまえたちの体そのものが、永遠の契約にあずかっていることのしるしだからだ。 14これを拒否する者はだれでも、部族の一員とはみなされないことになる。 わたしの契約を無視した罰だ。」 15 神様はさらに続けました。 「おまえの妻サライだが、これからは『サライ』ではなく、『サラ』〔「王女」の意〕にしなさい。 16わたしは彼女を祝福する。 彼女はおまえの息子を産むだろう。 すばらしい祝福を与えて、彼女を国々の母とする。 おまえの子孫からは大ぜいの王が出ることだろう。」 17 これを聞いたアブラハムは、地にひれ伏して神様を礼拝しました。 しかし、とても信じられないことなので、心の中では笑っていました。 「この私が父親になるんだって? 百歳の老いぼれが? それにサラだってもう九十だ。 赤ん坊なんかできるはずがない。」 18 アブラハムは神様に申し上げました。 「それはありがたいことです。 どうぞ、イシュマエルを祝福してくださいますように。」 19 「いいや、わたしはそうは言っていない。 サラが、おまえの息子を産むのだ。 その子をイサク〔「笑い声」の意〕と名づけなさい。わたしは永遠の契約を、彼と彼の子孫との間に結ぶ。 20イシュマエルのことはわかった。 あの子も祝福しよう。 願いどおり彼の子孫をふやし、大きな国にする。 十二人の王子が彼の子孫から出る。21しかし、契約を結ぶのはイサクとだ。 来年の今ごろ、サラはイサクを産む。」 22 こう言い終えると、神様は、アブラハムのもとを去りました。23その日アブラハムは、直ちに息子イシュマエルをはじめ男性全員を集めました。 彼の家で生まれた者も外部から買い入れた者もみんなです。 そして、神様から命じられたとおり、一人残らず生殖器の包皮を切り取る儀式を行ないました。 24-2724252627その時アブラハムは九十九歳、イシュマエルは十三歳でした。 二人とも同じ日に割礼を受けました。 家の中の男性は、そこで生まれた者も奴隷として買い取られた者も、一人残らず同じように割礼を受けました。
Can i read the Bible on my phone/tablet?
Selected Verses