1 1 まだ何もない時、神様は天と地をお造りになりました。 2地球はまだ形が定まらずやみにおおわれた氷の上を、さらに神様の霊がおおっていました。 3 「光よ、輝け」と神様が命じました。 すると光がさっと輝いたのです。 4-545それを見て、神様は大いに満足し、光とやみとを区別しました。 しばらくのあいだ光はそのまま輝き続け、やがて、もう一度やみに閉ざされました。 神様は光を「昼」、やみを「夜」と名づけました。 昼と夜ができて、一日目は終わりです。 6 「ガスは上下に分かれ、空と海になれ」と、神様が命じました。7-878そのとおり水蒸気が二つに分かれ、空ができました。 これで二日目も終わりです。 9-10910「空の下の水は集まって海となり、かわいた地が現われよ。」 こう神様が命じると、そのとおりになりました。 神様はかわいた地を「陸地」、水の部分を「海」と名づけました。 そのできばえに満足すると、 11-121112神様はまた命じました。 「陸地には、あらゆる種類の草、種のある植物、実のなる木が生えよ。 それぞれの種から同じ種類の草や木が生えるようにするのだ。」 そのとおりになり、神様は心から満足なさいました。 13三日目はこれで全部です。 14-151415神様の命令はさらに続きます。 「空に光が輝き、地を照らせ。その光で、昼と夜の区別、季節の変化、一日や一年の区切りをつけるのだ。」 そのとおりになりました。 16こうして、地を照らす太陽と月ができました。 太陽は月よりも大きく明るいので昼を、月は夜を受け持ちます。 この二つのほかにも、無数の星が造られました。17神様はそれをみな空にちりばめ、地を照らさせたのです。 18こうして昼と夜の分担を決め、光とやみとを区別し終えると、神様は満足なさいました。 19ここまでが四日目の出来事です。 20 神様はまた命じました。 「海は魚やその他の生き物であふれ、空はあらゆる種類の鳥でいっぱいになれ。」 21-222122神様は海に住む大きな哺乳動物をはじめ、あらゆる種類の魚と鳥を造りました。 みなすばらしいものばかりです。 神様はそれを見て、「海いっぱいにあふれるようになれ。 地をおおうまでに増えよ」と祝福なさいました。 23五日目はこれで終わりです。 24 次に神様は命じました。 「地は、家畜、爬虫類、野獣など、あらゆる種類の動物を生み出せ。」 そのとおりになりました。 25神様が造った動物は、どれもこれも満足のいくものばかりでした。 26 そして最後に、神様はこう言いました。 「さあ、人間を造ろう。 地と空と海のあらゆる生き物を支配させるために、われわれに最も近い、われわれに似た人間を造ろう。」 27 このように、人間は、天地を造った神様に似た者として造られました。 神様はご自分に似せて人間を造り、 男と女とに造ったのです。 28神様は人間を祝福なさいました。 「地に増え広がり、大地を支配せよ。 おまえたちは、魚と鳥とすべての動物の主人なのだ。 29全地に生える種のある植物を見るがいい。 みなおまえたちのものだ。実のなる木もまたおまえたちに与えるから、好きなように食べるがいい。 30また、動物や鳥にも、あらゆる草と植物をえさとして与える。」 31神様はでき上がった世界を隅から隅まで見渡しましたが、どこから見ても非の打ちどころがありません。 こうして六日目も終わりました。
Can i read the Bible on my phone/tablet?
Selected Verses