3 1-212九月になると、帰還者たちがめいめいの故郷から、エルサレムに集まって来ました。 エホツァダクの息子ヨシュアは、仲間の祭司や、シェアルティエルの息子ゼルバベル、およびその氏族の者とともに、イスラエルの神様の祭壇を築き、神の人モーセのおきてどおり、完全に焼き尽くすいけにえをささげました。 3祭壇を元の位置にすえ、さっそく、朝に夕に、完全に焼き尽くすいけにえをささげることにしました。 人々は周囲の国々からの攻撃を恐れていたからです。 4 モーセのおきてどおり仮庵の祭りを守り、祭りのあいだ毎日、定められた完全に焼き尽くすいけにえをささげたのです。 5このほか、安息日、新月の祝い、種々の例祭のため、定められた品々をささげました。 また、国民は自発的にいけにえをささげました。 6祭司がいけにえをささげ始めたのは、九月十五日でした。 まだ神殿の土台が築かれる前のことです。 7 次いで、石工や大工が雇われました。 ツロやシドンからは杉材を買いつけ、食料品、ぶどう酒、オリーブ油などを代金にあてました。杉材はレバノン山から切り出し、地中海沿岸を海路ヨッパまで運びました。 このことについては、クロス王も許可済みだったからです。 8 実際に神殿再建が開始されたのは、帰還の翌年の四月のことでした。 帰還者たちが勤労奉仕をし、ゼルバベル、ヨシュア、およびその仲間の祭司やレビ人の指揮のもとで働き続けました。 二十歳以上のレビ人は現場監督にあたり、 9この一大事業の総責任は、ヨシュア、カデミエル、ヘナダデはじめ、その息子や親族が負うことになりました。 みな、レビ人でした。 10 神殿の土台が完成した時、ダビデ王の定めた様式にのっとって、祭司は祭服を着てラッパを吹き鳴らし、アサフの子孫はシンバルを打ち鳴らして、神様を賛美しました。 11神様をたたえ、感謝する歌がうたわれたのです。 「神様はすばらしい。 その愛と恵みは、とこしえまでイスラエルに注がれる。」 これを受けて、会衆全員が大声で賛美し、土台の完成を喜びました。 12 ところが、ソロモン時代の華麗な神殿を知っている、祭司、レビ人、指導者などの年配者は、声をあげて泣いたのです。 13喜び叫ぶ声と泣き叫ぶ声とが重なりあって、一大音響をかもし出し、遠くまでもとどろき渡りました。
Can i read the Bible on my phone/tablet?
Selected Verses