1 1 ペルシヤ王クロスの治世の元年に、神様は王の心を動かし、エレミヤの預言どおりのことを行なわれました。 クロス王が、帝国中に次のようなお布令を出させたのです。 これは永久保存の文書とされました。 2 「ペルシヤ王クロスはここに布告する。 広大な領土をお与えくださった天の神様は、いま余に、ユダの国のエルサレムに神殿を建てよとお告げだ。 3わが帝国におるユダヤ人は、直ちにエルサレムへ帰り、イスラエルとエルサレムの神様の神殿を建てるがよい。 神様の祝福があるように。 4帰らない者は帰る者の費用を負担し、衣服、旅費、旅じたくの費用を援助するように。 なお神殿建築のためにも、進んでささげ物をするがよい。」 5 こうして、ユダ部族とベニヤミン部族の指導者たちと、祭司やレビ人たちも、神様から心を駆り立てられて、神殿再建をめざし、さっそく、エルサレムへの帰途につきました。 6ペルシヤに残ることにした人々はみな、帰る者への援助を惜しまず、神殿へのささげ物をも託しました。 7 クロス王自身も、かつてネブカデネザル王がエルサレムの神殿から自国の神殿へと移した、金の鉢や、高価な用具類を寄贈しました。8王は財務長官ミテレダテに、それらを確認させたのち、引揚団の指導者シェシュバツァルの手に渡したのです。 9-10910その目録は次のとおりです。 金の皿三十枚 銀の皿千枚 香炉二十九点 金の鉢三十個 さまざまなデザインの銀の鉢二千四百十個 その他の用具千点 11全部で五千四百六十九点の金銀の用具が、シェシュバツァルの手で、エルサレムに持ち帰られることになりました。
Can i read the Bible on my phone/tablet?
Selected Verses