8 1それから、エホヤキン王の捕囚の六年目の八月末のこと、私が家でユダの長老たちと話していると、神様の力が私に臨みました。2私は人の姿のようなものを見たのです。 腰から下は火で、上は琥珀色に輝いていました。 3その方が手の形をしたものを伸ばして私の髪の毛をつかむと、御霊が私を宙に持ち上げ、エルサレムの北の門の入口に連れて行ったのです。 そこに、神様の激しい怒りを引き起こした偶像がありました。 4すると突然、前に谷間で見たのと同じ、イスラエルの神様の栄光が現われました。 5その方は私に、「ちりの子よ、北の方を見よ」と命じました。見ると、祭壇の門の北にある入口に、なんと偶像が立っているではありませんか。 6その方はさらに言いました。 「ちりの子よ、彼らのしていることが見えるか。 わたしを神殿から追い出すために、イスラエル国民がここで犯している大きな罪が見えるか。 さあ、もっと大きな罪を見せてやろう。」 7こう言うと、その方は私を神殿の庭の入口に連れて行きました。そこの壁に穴がありました。 8するとその方は、「さあ、壁を掘り抜け」と命じます。 そのとおりにすると、隠れた部屋に通じる入口があるではありませんか。 9「入って行って、そこで行なわれている悪事を見よ。」 10入って、びっくりしました。 あらゆる種類の蛇やとかげ、ぞっとするような獣の絵が、イスラエル国民が礼拝する各種の偶像とともに、壁一面に描かれているのです。 11そこに、イスラエルの七十人の長老が、シャファンの息子ヤアザヌヤとともに立ち、それらの絵を拝んでいます。 長老たちはそれぞれ香をたく香炉を持っており、一同の頭上には、香の濃い煙が雲のように立ちこめていました。 12 「ちりの子よ、イスラエルの長老たちが自分から進んでしていることを、よく見たか。 彼らは、『神様は見ておられない。 神様は去って行った』とうそぶいている。 13さあ、もっと大きな罪を見せよう。」 14その方は私を、神殿の北の門に連れて行きました。 そこには婦人たちが座って、異教の神タンムズのために泣いていたのです。 15「見たか。 だが、もっと大きな悪事を見せよう。」 16こう言うと、その方は私を神殿の内庭に連れて行きました。 そこでは、神殿の玄関と青銅の祭壇との間に、二十五人ばかりの人が神殿に背を向けて立ち、東を向いて、太陽を拝んでいたのです! 17「見たか。 こんなひどい罪を犯して、国全体を偶像礼拝に導き、わたしを鼻であしらって、ますますわたしを怒らせるようなことは、ユダの人々にとって取るに足りないことであろうか。 18それで、わたしも激しい憤りをもって彼らをあしらう。 少しもあわれまず、惜しみもしない。 彼らがあわれみを求めて叫んでも、耳をふさいでいよう。」
Can i read the Bible on my phone/tablet?
Selected Verses