4 1さて、ちりの子よ、大きなれんがを一枚、前に置き、その上にエルサレムの町の地図を描け。 2この町を包囲し、攻撃するために築かれるとりで、その回りの敵軍の陣営、さらに城壁を取り囲む破城槌(城壁破壊用の武器)を描け。 3また、おまえと町との間に、鉄の壁のように一枚の鉄板を立てよ。 こうして、敵軍がどのようにエルサレムを攻略するかを、実証して見せるのだ。 わたしが命じた一つ一つのことには、それぞれ特別の意味がある。 というのは、それはイスラエルの民に対する警告だからだ。 4-545さあ、捕囚と破滅によって三百九十年間、イスラエルが罰せられることを示すために、三百九十日間、左わきを下にして横になれ。その一日は、イスラエルにやがて訪れる一年間の刑罰を表わしている。 6次に、向きを変え、ユダに対する刑罰の期間を示すために、四十日間、右わきを下にして横になれ。 やはり一日が一年の勘定だ。 7とにかく、エルサレムの包囲の様子を実演して見せるのだ。〔その包囲と攻撃がどんなに強烈なものかを教えるために〕、腕をまくって横になれ。 これはエルサレム滅亡の預言だ。 8わたしがおまえの体を麻痺させるので、包囲の全期間が終わるまで、寝返りもできない。 9初めの三百九十日間は、小麦、大麦、そら豆、レンズ豆、あわ、裸麦の粉をつぼに入れて混ぜ合わせ、その粉でパンを作って食べよ。 10一日に一食、一回二百三十グラムずつに分けて食べよ。 11そして、水は一日に一リットルだけ飲め。 それ以上飲んではならない。 12毎日、たるから粉を取り出し、大麦のパン菓子を作れ。 みんなの見ている前で、かわいた人糞の火の上で焼いて、それを食べよ。 13わたしの命令だ。 わたしが捕囚とする異国の地で、イスラエルは汚れたパンを食べるのだ!」 14「おお神様。 私は人糞で身を汚さなければならないのでしょうか。 今まで、一度も身を汚したことがありません。 子供の時から今まで、病気で死んだり、傷ついたり、死んで見つかったりした獣を食べたことはありません。 また、おきてが禁じている種類の獣を食べたこともありません。」 15「そうか。 それなら、人糞の代わりに牛の糞でもよい。」 16こう答えると、神様はさらにことばを続けました。 「ちりの子よ。 エルサレムではパンの配給が乏しくなる。 注意深く量り、こわごわ食べることになろう。 水も少量しか分け与えられず、人々は不安のうちにそれを飲むようになる。 17わたしが乏しくさせるのだ。 また、気違いじみた恐怖心をいだいて互いに見合うように、人々を刑罰のもとにくたくたに疲れ果てさせる。
Can i read the Bible on my phone/tablet?
Selected Verses