33 1再び神様からお告げがありました。 2「ちりの子よ、あなたの同胞に告げよ。 わたしがある国に軍隊を差し向けると、その国では見張りを立て、 3敵軍の来襲を見て警報を鳴らす。 4その時、警報を聞き流して死ぬ者がいても、自業自得だ。 5警告を聞いてもそれに従わなかったのだから、非は彼にある。 警告に従っていたら、助かったであろう。 6だが、見張り役が敵の来襲を見ながら、警報を鳴らさず、警告もしなかったなら、人々の死の責任は彼にある。 人々は自分の罪のために死ぬのだが、その死の責任は見張り役にある。 わたしはその責任を問う。 7ちりの子よ、あなたにも言う。 わたしはあなたをイスラエルの見張り役とした。 だから、わたしの語ることに耳を傾け、わたしに代わって彼らに警告せよ。 8わたしが悪者に向かって、『悪者よ。 おまえは必ず死ぬ』と言う時、あなたがそれを伝えなければ、彼は悔い改めることをせず、その罪のために死んでいく。 ただし、わたしはその死の責任をあなたに問う。 9ところが、あなたが悔い改めるように警告しても、それを聞かないなら、彼は自分の罪のために死ぬ。 しかも、あなたには何の責任もない。 10ああ、イスラエル国民よ。 おまえたちは、『私たちの犯した罪が重くのしかかって、すっかりやせ衰えた。 どうして生きておられよう』と嘆いている。 11彼らに告げよ。 神様がこうお語りになります。 わたしは生きている。 わたしは悪人どもの死を喜ばない。 それどころか、悪人が悪の道から足を洗って、生きるようになることを願っている。 さあ帰って来い。 悪の道から足を洗って、帰って来い。 ああ、イスラエルよ。 なぜ、そんなにも死にたがるのか。12たとい正しい行ないをしていた人でも、罪を犯すなら、その人は救われない。 どんな悪人の罪も、その人が悔い改めて、罪から足を洗うなら、滅ぼされることはない。 13わたしは『正しい人は生きる』と言った。 だが、今まで良いことをしてきたから大目に見てもらえるだろうと罪を犯す人には、以前の正しい行ないなど何の役にも立たない。 わたしは、その罪のゆえに彼を滅ぼす。 14また、わたしから『必ず死ぬ』と言われた悪人が、罪から足を洗って、きよく正しいことを行なうなら、 15すなわち、質草を返し、盗んだ物を償い、正しい道を歩んで悪を行なわないなら、彼は必ず生きる。 決して死ぬことはない。 16もう二度と、過去の罪を持ち出して彼を責めはしない。 正しい道に立ち返ったから、彼は必ず生きるのだ。 17それでも、イスラエル国民は、『神様は公平ではない』と不平を言っている。 だが問題なのは、そう言っている彼ら自身が正しくないことだ。 18もう一度いう。 正しい人でも、悪の道に入るなら、必ず死ぬ。 19悪人でも、悪から足を洗って、きよく正しいことを行なうなら、必ず生きる。 20おまえたちは今も、『神様は公平ではない』と非難している。 わたしは、おまえたち一人一人を、その行ないに従ってさばく。」 21私たちが捕囚となってから十一年目の十二月下旬に、エルサレムから逃げて来た者たちの一人が、「エルサレムが陥落した!」と、私に告げました。 22その前夜、神様の御手が私の上に置かれ、私を元気に立ち上がらせてくださいました。 それで、彼が到着した時には、再び語ることができるようにされていたのです。 23その時、神様から次のようなお告げがありました。 24「ちりの子よ。 廃墟と化したユダの町々に残って散り散りに住んでいる者たちは、『アブラハムはたった一人で、この地全体を所有していた。 これだけ大ぜいいれば、この地を取り返せないはずはない』と息まいている。 25しかし、神様はこうお語りになります。おまえたちは悪いことをしているのだから、何の力もない。 血がついたままの肉を食べ、偶像を礼拝し、人を殺している。 それでも、わたしがその地を与えると思っているのか。 26人殺し! 偶像礼拝者! 姦淫を行なう者! そんなおまえたちが、この地を所有できるだろうか。 27彼らに告げよ。 神様はこうお語りになります。 わたしは生きている。 あの廃墟に住んでいる者は必ず剣に倒れる。 原野に住んでいる者は野獣のえじきとなり、要害やほら穴にいる者は伝染病にかかって死ぬ。 28わたしはその地を荒廃させ、彼らの高慢の鼻をへし折り、その力にとどめを刺す。 イスラエルの山地にある村々は荒れ果てて、通る人もいなくなる。 29わたしが彼らの罪のゆえにその地を滅ぼす時、彼らは、わたしが神であることを知る。 30ちりの子よ。 あなたの同胞は、あなたの陰口をたたいている。 家や戸口で、ひそひそ話している。 『なあ、神様がどんなことを言っておられるか、あいつに聞くのもおもしろいぞ。 ひとつ聞いてみようじゃないか』と。 31彼らはもっともらしい顔をしてやって来る。 そして、あなたの前に座って聞くだろう。 だが、わたしが言うとおりにする気はさらさらない。 口では、いかにも調子よく、わたしを愛しているようなことを言うが、その実、心は金銭欲でいっぱいだ。 32彼らにとって、あなたは、すてきな声で恋の歌をうたい、じょうずに楽器をかなでる芸人のようなものだ。 ただ聞くのを楽しむだけで、言われたことを心に留めようとはしない。 33だが、先に語った恐ろしいことがぜんぶ起こる時、それは必ず起こるのだが、その時になってはじめて、彼らは自分たちの間に預言者がいたことを知る。」
Can i read the Bible on my phone/tablet?
Selected Verses