22 1また、別のお告げがありました。 神様はこうお語りになったのです。 2「ちりの子よ、エルサレムを殺人のかどで告発せよ。 その恐ろしい残虐行為を、公然と非難せよ。 3のろわれ、滅ぼされようとしている殺人の町! 汚れと悪臭にまみれた偶像の町。 4おまえは殺人と偶像礼拝の罪を犯している。 今、おまえの滅びの日が近づいている。 年貢の納め時だ。 おまえを全世界の笑い者とし、非難の的としよう。 5近くの者も遠くの者も、悪名高き反逆の町として、おまえのことをあざ笑うだろう。 6おまえの城壁の中に住むイスラエルの指導者たちは、人殺しに夢中だ。 7両親は全く相手にもされず、寄留者や旅行者は保護という名目で不当な金を払わされ、孤児や未亡人は不正な扱いを受け、さんざんな目に会っている。 8神に関することは、どうでもよいことのように思われ、安息日も軽んじられている。 9囚人はぬれ衣を着せられ、死刑にまでされている。 すべての山のいただきは偶像でいっぱいだ。 みだらなことも至る所で行なわれている。 10義母と姦淫したり、生理中の女と寝たりする男もいる。 11人妻や息子の嫁、あるいは腹違いの姉妹と姦淫しても、あたり前のような風潮になっている。 12雇われて人殺しをする者、暴利をむさぼる高利貸し、不当に搾取する者が、うようよしている。 わたしのことも、わたしの戒めのことも、てんで考えていない。 神様がこうお語りになるのです。 13さあ今、わたしは指を鳴らして、おまえの不正な利得と流血をやめさせる。 14わたしが罰する日に、おまえは強く、勇敢でいられようか。 神であるわたしが語るのだ。 みなそのとおり行なわれる。 15わたしはおまえを世界中に散らし、おまえのうちにある悪を焼き滅ぼそう。 16おまえは国々の間ではずかしめられる。 その時、おまえはわたしが神であることを知る。」 17それから、神様はこうお語りになりました。 18-20181920「ちりの子よ。 イスラエル国民は、銀を精錬する時に出る、何の役にも立たないかすのようなものだ。 真鍮、すず、鉄、鉛を混合する時に出る浮きかすだ。 だから、神様はこうお語りになります。 おまえたちは役に立たない浮きかすだから、わたしの炉であるエルサレムに集め、わたしの怒りの火で溶かそう。 21憤りの炎を吹きつけ、 22その激しい熱で、銀のように溶かしてしまおう。 その時、おまえたちは神であるわたしが怒りをぶちまけたことを知る。」 23また、このような神様のお告げがありました。 24「ちりの子よ、イスラエル国民に言え。 わたしの憤りが爆発する日に、おまえたちはきたない荒れ地、雨の降らない砂漠のようになる。 25おまえたちの預言者どもは、獲物に忍び寄るライオンのように陰謀をめぐらす。 彼らはむさぼり食うように多くのいのちを奪い、財産や宝を強奪し、国中に未亡人をふやす。 26また、祭司は祭司で、わたしのおきてを破り、神殿を汚し、わたしの聖さに泥を塗った。 彼らにとって、祭司の務めは日常の仕事と全く変わりないのだ。 わたしの国民に善悪の区別も教えず、安息日も無視した。 こうして、わたしの聖い名は彼らの間でひどく汚されている。 27指導者も、獲物に飛びかかる狼のように、自分の利益のために人のいのちを奪っている。 28預言者は偽りの幻を語り、わたしがひと言も語らないのに、神様がこうお語りになったのだと、平気で偽りのお告げを伝えている。 こうして、しっくいで壁の上塗りをするように、ごまかしているのだ。 29それで、一般の人も、貧しくて乏しい者たちを虐待し、物をかすめ、寄留の外国人からも強奪している。 30わたしは、この国を守る正義の城壁を建て上げ、破れ口に立ちふさがって、わたしの正しいさばきからおまえたちを守ってくれる者を捜し求めた。 だが、一人も見つからなかった。 31そこで、怒りをぶちまけ、怒りの炎で、おまえたちを焼き尽くした。 おまえたちのすべての罪に見合うだけのお返しをしたのだ。」
Can i read the Bible on my phone/tablet?
Selected Verses