21 1それから、このようなお告げが神様から与えられました。 2「ちりの子よ、エルサレムに顔を向け、イスラエルとわたしの神殿とに預言せよ。 3神様はこうお語りになります。 イスラエルよ。 わたしはおまえを攻める。 剣を抜き、善人も悪人も区別なく、みな滅ぼす。 4正しい者も生かしてはおかない。 南のネゲブから北の国境まで、国中の者をきれいに一掃する。 5全世界は、こうしたのが神であるわたしであることを知る。 わたしは剣を手にし、このことをやり遂げるまで、剣をさやに納めない。 6ちりの子よ、人々の前で嘆け。 苦悩のあまり、うめき声をあげよ。 7どうしたのかと聞かれたら、こう答えよ。 神様が恐ろしいことを語ったからです。 そのとおりになったら、どんな勇敢な者も恐怖におののき、力もみな抜けてしまう。 意気消沈し、強いひざもがたがた震える。 神様がこうお語りになります。 おまえたちは滅びに向かっている。 わたしは必ず成敗してくれる。」 8また、神様からお告げがありました。 9-1191011「ちりの子よ、このように人々に告げよ。 大虐殺用に、もう一振りの剣が研ぎすまされている。 それでも、笑い飛ばそうというのか。 おまえたちよりずっと強い者も滅んでいった。 その剣が今、刑を執行する者の手に渡されているのだ。 12ちりの子よ、さあ、人目もはばからず泣きわめけ。 その剣で、わたしの国民と指導者がみな殺されるからだ。 みんな同じように死ぬ。 13こうして、すべての者が試される。 逃れることはできない。 神様がこうお語りになるのです。 14このように預言せよ。 力いっぱい手を打ち鳴らせ。 それから剣を取って、二回、三回と振り回せ。 それこそ彼らが虐殺されるしるしだ。 15彼らを震え上がらせよ。 抜き放たれた剣が、どの家の門口でもぴかぴか光っている。 その鋭い刃先が、人を切り殺そうと、いなずまのように光っている。 16さあ、剣よ、右に左に、思うままに切りまくれ。 17おまえが手を打ち鳴らして預言したように、神であるわたしがエルサレムを打ちのめして、わたしの憤りを静めよう。」 18それから、このようなお告げが示されました。 神様はこうお語りになったのです。 19-201920「ちりの子よ、地図を作れ。 その上に、バビロンの王が攻めて来る二つの道を書きつけよ。 一つはエルサレムに通じる道、もう一つはヨルダン川東岸のラバに向かう道だ。 バビロンからの道が二つに別れる地点に、しるしをつけておけ。 21バビロンの王はその地点で、エルサレムを攻撃しようか、ラバを攻撃しようか、と思案するからだ。 彼は占い師を呼んで占わせる。 占い師は矢筒から矢を振り出したり、偶像にささげたいけにえの肝を調べたりする〔神々から情報を得る、古代の占い法〕。 22その結果、エルサレムに向かえ、と言うだろう。 彼らは城壁を破壊する兵器を持って、城門めがけて攻めかかり、『皆殺しにしろっ!』と口々に叫ぶ。 また、包囲攻撃用に塔を建て、城壁を乗り越えるためにとりでを築く。 23エルサレムはバビロンの裏切りを理解できないだろう。 どうして占い師が、こんな恐ろしいまちがいをしでかしたのか。 バビロンはユダの同盟国ではないか。 エルサレムを守ると約束してくれたではないか。 だがバビロンの王には、ユダの国民が反逆した時のことしか念頭にないのだ。 王はユダを攻め、国民を滅ぼす。 24神様はこうお語りになります。 再三再四、おまえたちの有罪が宣告されている。 人前もはばからず、ぬけぬけと悪を行なっているからだ。 おまえたちはどこへ行っても、何をしても、悪いことばかりしている。 今こそ、罰を受ける時がきた。 25ああ、悪にまみれたイスラエルの王ゼデキヤよ。 さあ、年貢の納め時だ。 26神様がこうお語りになります。 宝石をちりばめた冠を取り去れ。 世の中がひっくり返る。 今や、貧乏人が高い地位に着き、金持ちが低くされる。 27わたしはユダの王国を根底からくつがえす。 たとい新しい体制が生まれても、それに権威を授ける者が現われるまで、決して国は確立しない。 わたしが、その者にあらゆる権威を与えるのだ。 28ちりの子よ、アモン人にも預言せよ。 彼らはわたしの国民が苦しんでいる時、それをあざ笑っていた。 彼らにこう言え。 おまえたちを切るために、わたしの剣がさやから抜き放たれた。 その剣は鋭く研ぎすまされ、いなずまのように光っている。 29おまえたちの占い師や偽預言者どもは、おまえたちの神々がバビロンの王の手から救ってくれるから、『安全だ。 心配はない』とうそをついた。 こうして、おまえたちを他の悪者ともども死に追いやったのだ。 最後の罰の下る日がくる時、おまえたちは傷ついて死ぬ。 30おまえたちを罰せずに、わたしの剣が元のさやに納められることはない。 生まれ育った祖国で、おまえたちを滅ぼそう。 31おまえたちに憤りをぶちまけ、大火事になるほど怒りの炎を吹きつけよう。 そして、破壊することの上手な、残忍な者どもの手に引き渡そう。 32おまえたちは、火に注がれる油のようになり、おまえたちの血が国中に流される。 おまえたちは一掃されて、歴史から完全に忘れ去られる。神であるわたしが、こう断言するのだ。」
Can i read the Bible on my phone/tablet?
Selected Verses