18 1また、神様からのお告げがありました。 2「人々がイスラエルについて、『父親の罪のために子供が罰を受けている』と言いふらすのは、なぜか。 3神様はこうお語りになります。 わたしは生きている。 もう二度と、こんなことわざをイスラエルで口に上らせはしない。 4わたしは、父であろうと、息子であろうと、すべての人を同じようにさばく。 それも、自分の犯した罪のために罰せられ、死ぬのだ。 5もしある人が、法に照らして正しく生き、 6山へ行ってイスラエルの偶像の前で食事をせず、偶像を拝まず、姦淫をせず、生理中の女に近づかず、 7貧しい者に親切にし、金を貸しても質物は返してやり、飢えている者には食物を与え、裸の者には着物をきせ、 8利息を取らずに貸し、悪の道から離れ、公平に裁きをし、 9わたしのおきてを守るなら、わたしのことばどおり、その人はまさに正しい人だ。 その人は必ず生きる。 10だが、もし彼の息子が盗みや人殺しをし、自分の責任も果たさず、 11わたしのおきてに逆らって、山の上で偶像を拝み、姦淫を行ない、 12貧しい者を苦しめ、質物を取り上げ、偶像を愛してやまず、 13高利で金を貸しつけるなら、その人は生きることができるだろうか。 とんでもない! 彼は自分の罪のために必ず死ぬ。 14反対に、この罪深い男の息子が、父親のしている悪事を見て神を恐れ、そんな生活は絶対しまいと決意し、 15山へ行って偶像の前で食事をせず、偶像を拝まず、姦淫をせず、 16借りる者を公平に扱い、不当な取り立てをせず、飢えている者に食べさせ、裸の者には着せ、 17貧しい者を助け、利息を取らずに貸し、 わたしのおきてを守るなら、彼は父親の罪のために死ぬことはない。 必ず生きる。 18だが父親は、自分の罪のために死ぬ。 残酷なことをし、盗みなどの悪事を重ねているからである。 19おまえたちは、『どうしてですか。 子が親の罪を負わなくていいのですか』と、びっくりして聞き返すだろう。 そうだ。 負わなくていいのだ。 その子が正しく生き、わたしのおきてを守るなら、必ず生きるのだ。 20罪を犯した本人が死ぬ。 子は親の罪のために罰せられてはならず、親も子のために罰せられてはならない。 正しい者は自分の善行に対する報いを受け、悪者は自分の悪行に対する報いを受ける。 21だが悪者でも、すべての罪から足を洗い、わたしのおきてを守るようになって、正しく誠実に生きるなら、必ず生きて、死ぬことはない。 22過去の罪はすべて忘れられ、彼は善行のために生きる者となる。 23神様はこう問いかけます。 わたしが、悪者の死ぬのを見たがっているとでも思うのか。 とんでもないことだ! わたしは、彼が悪の道から足を洗い、まともに生きるようになることしか願っていない。 24だが、正しい人が罪を犯して、ほかの悪者と同じことをするなら、そのような者を生かしておけるだろうか。 もちろん、生かしておくわけにはいかない。 これまでの正しい行ないはすべて忘れられ、その罪のために死ななければならない。 25ところがおまえたちは、『神様は不公平だ』と文句を言う。 さあ、イスラエル国民よ、聞け。 不公平なのはわたしか。 それとも、おまえたちか。 26正しい人が正しく生きることをやめて、悪を行ない、そのまま死ぬなら、それは彼が行なった悪のせいだ。 27また、もし悪者でも、悪から足を洗い、わたしのおきてに従って正しいことを行なうなら、彼は自分のいのちを救うことになる。 28深く反省して、罪の道からきっぱり離れ、正しい人生を送ろうと決心したからだ。 彼は必ず生きる。 決して死ぬことはない。 29それでもイスラエル国民は、『神様は不公平だ』と言いはる。 ああ、イスラエルよ。 公平でないのは、わたしでなく、おまえたちだ。 30ああ、イスラエルよ。 わたしはおまえたちを一人一人、その行ないに応じてさばき、報いを与える。 さあ、今のうちに悪事から足を洗え。 31悪の道をあとにして、新しい心と新しい霊を受けよ。 ああ、イスラエルよ。 なぜ死に急ぐのか。 32おまえたちが死ぬのなんか見たくない。 神様がこうお語りになるのです。 さあ、悔い改めよ! 悔い改めて、生きよ!
Can i read the Bible on my phone/tablet?
Selected Verses