12 1また、神様から私に、このようなお告げがありました。 2「ちりの子よ。 おまえは反逆者たちの中に住んでいる。 彼らは真理を知ろうとするなら知ることができるのに、知ろうともしない。 また、聞こうとするなら聞けるのに、聞こうともしない。 3彼らは反逆者なのだ。 だから、捕囚になることがどんなものか教えるために、実演して見せるがいい。 背中にかつげるだけの荷物をかついで、家を出よ。 どこかほかの場所へ行け。 それも昼のうちに、みんなが見ている前でだ。 どんな反逆者でも、それを見て、その意味するところを考えるかもしれない。 4昼のうちに、みんなが見守る中で、荷物を家の外へ持ち出せ。 それから、遠くの地へ長い旅をする捕囚の民のように、夕方、家をあとにして出かけよ。 5町の人々が見ている前で壁に穴をあけ、そこから荷物を持ち出せ。 6また、みんなが見守る中で、荷物をかついで夜の暗やみの中へ歩いて行け。 顔をおおい、回りを見るな。 これはみな、イスラエル国民に与える、エルサレムに降りかかる災いのしるしだ。」 7私は命じられたとおりにしました。 昼のうちに、捕囚に持って行けるだけの荷物を外へ運び出しました。 夕方になると、手で壁に穴をあけました。 そして、みんなが見ている前で、荷物をかついで暗やみの中へ歩きだしたのです。 8翌朝、神様からお告げがありました。 9「ちりの子よ。 反逆者であるイスラエル国民は、『いったい、これは何の意味なのか』と尋ねている。 10だから説明してやれ。 『これは、エルサレムのゼデキヤ王とイスラエル国民全体への、神様の宣告だ』とな。 11これまで実演して見せたことは、これから起こることなのだ、と教えてやれ。 彼らは家から連れ出され、捕囚の地へ送られる。 12ゼデキヤ王さえ、自分で持てる物だけ持って、何も見えないように顔をおおい、壁にあけた穴から、闇にまぎれて出て行くのだ。 13わたしは網で王を捕らえ、カルデヤ人の地、バビロンへ連れて行く。 だが王は、その地を自分の目で見ることなく、そこで死ぬ。 14わたしは、王に仕える者や、兵士たちを四方に風のように追い散らし、剣をそのあとから送る。 15このように諸国に散らされてはじめて、彼らは、わたしが神であることを知る。 16わたしはまた、わずかな者たちを戦争とききんと伝染病から免れさせよう。 免れた者たちは、自分がどんなに悪いことをしてきたかを、国々の前で告白するだろう。 こうして彼らも、わたしが神であることを知る。」 17さらにまた、神様からお告げがありました。 18「ちりの子よ、震えながら食事をせよ。 水も、これで最後であるかのように制限して飲め。 19そして、こう警告せよ。 『神様は言います。 イスラエルとエルサレムの住民は、そのあらゆる罪のゆえに、食糧を最大限に節約し、水も絶望感にさいなまれながら少量ずつ飲むようになる。 20町々は滅ぼされ、耕作地は荒れ果てる。 その時おまえたちは、わたしが神であることを知る。』」 21続いて、神様はお語りになりました。 22「ちりの子よ。 『日数が延び、預言者がみな嘘つきになる』という、イスラエル人たちが口にすることわざは何だ。 23神であるわたしは、このことわざをやめさせる。 人々はもう、それを口にしなくなる。 代わりに、このことわざを言わせよ。 『すべての預言の成就する時がきた。』 24その時、エルサレムの安全は保証つき、という偽りの予告が暴露される。 25わたしは神である。 わたしが起こると警告することは、必ず起こる。 ああ、イスラエルの反逆者たち。 もう決して遅れることはない。 おまえたちが生きているうちに、わたしはそのようにする。」 こう神様が言われるのだ。 26また、このようなお告げがありました。 27「ちりの子よ。 イスラエル国民は、『彼が見ている幻は、まだ当分のあいだ実現しそうにない』と言っている。 28だから、『神様はこう言います。 もう、これ以上遅れることはない。 わたしは今、それを行なう』と言ってやれ。」
Can i read the Bible on my phone/tablet?
Selected Verses