33 1 神様はモーセに命じました。 「おまえはこの国民をエジプトから連れ出した。 彼らを、わたしがアブラハム、イサク、ヤコブに約束した地へ導きなさい。 『この地をおまえの子孫に与えよう』と約束したからだ。 2ひと足先に神の使いをやり、カナン人、エモリ人、ヘテ人、ペリジ人、ヒビ人、エブス人を追い払わせよう。 3その地は『乳と蜜の流れる』国だ。 しかしわたしは、いっしょに行かない。 おまえたちが手に負えない強情者だからだ。 いっしょに行けば、途中でおまえたちを滅ぼしたくなるかもしれない。」 4 人々はきびしいことばに、胸もつぶれる思いでした。 あまり悲しくて、身につけていた宝石や飾りを、ぜんぶ取ってしまったほどです。 5 それは、彼らにこう伝えるよう、神様がモーセに命じておいたからです。 「おまえたちは、わがままで強情な国民だ。 たとい一瞬でもわたしがいっしょにいたら、おまえたちを地上から消し去ってしまうだろう。 おまえたちの処分がはっきり決まるまでは、宝石や飾りはぜんぶ取ってしまえ。」 6それ以後、人々は宝石を身につけなくなりました。 7 モーセはいつも、神様とお会いする聖なる天幕を、野営地から遠く離れた所に張りました。 神様に何かうかがいを立てたいと思う人は、みなそこまで行くのです。 8 モーセが天幕へ行く時はいつでも、人々はみなそれぞれのテントの入口に立ち、彼が中へ入るまで見送るのでした。 9中へ入ると雲の柱が降りて来て、神様がモーセと話している間中、入口に雲がかかるのです。 10人々はみなそれぞれのテントの入口で、雲の柱に向かって深くおじぎをし、礼拝します。 11天幕の中では、まるで友だち同士のように、神様が親しくモーセとお語りになります。 そのあと、モーセは野営地に帰るのですが、彼の助手、ヌンの子ヨシュアはそのまま天幕に残ります。 12 モーセは天幕の中で、神様に言いました。 「神様は私に、『人々 を約束の地へ連れて行け』と、いつもおっしゃいます。 けれども、どなたが私といっしょに行ってくださるのか、まだ教えてくださいません。 神様は、もったいなくも私を友だちのように扱ってくださいます。 また、おこころにかなった者だとも言ってくださいました。 13もしそれが本当なら、どうぞ私の歩むべき道をはっきり示してください。 そうすれば神様を理解できるようになり、おこころにかなった生活が送れるでしょう。 この国民が神様ご自身のものであることを、忘れないでください。」 14 「わかった。 安心しなさい。 わたしがいっしょに行く。 失敗のないようにおまえを守ろう。」 15 「神様がごいっしょでなければ、この場所から一歩でも動くのを許さないでください。 16神様が共にいてくださらなければ、私とこの国民がおこころにかなっていること、また、地上の他の国民とは違うことが、どうしてわかりましょう。」 17 「いいだろう。 おまえの言うとおりにしよう。 確かにわたしはおまえに目をかけている。 おまえは友だちも同然だからな。」 18 それからモーセは、神様の栄光を見せてほしいと願いました。 19 神様は答えました。 「わたしが与えるあらゆる良いものを、おまえに見せよう。 また、わたしの名によってはっきり宣言しよう。 わたしは、自分がそうしようと思った者に心から同情し、恵みを与える。 20しかし、おまえはわたしの顔の栄光を見てはならない。 わたしを見た者はいのちがない。 21だから、そばの岩の上に立ちなさい。 22わたしの栄光がいま通り過ぎる。 おまえを岩の裂け目に入れ、わたしが通り過ぎるまで、手でおまえをおおう。 23わたしが手を取ると、おまえはわたしの背を見る。 しかし顔を見ることは決してできない。」
Can i read the Bible on my phone/tablet?
Selected Verses