16 1 三月(ユダヤ暦では一月)には必ず、過越の祭りを祝いなさい。 神様が、夜、エジプトから助け出してくださった月だからです。 2過越のいけにえには、子羊と雄牛を聖所で神様にささげなさい。 3それを、イースト菌を入れないパンといっしょに食べます。 エジプトから逃げ出す時に食べたパンをしのんで、七日間イースト菌を入れないパンを食べるのです。 エジプトを発つ時には、パンをふくらませる暇もありませんでした。 生涯、あの日のことを忘れないようにしなさい。 4七日間は、ほんの少しのイースト菌も家に置いてはならず、過越の子羊の肉は翌朝まで残してはなりません。 5 過越のいけにえは家では食べられません。 6神様が聖所としてお選びになった場所で食べなさい。 毎年その日がきたら、夕方、日の沈むころに聖所でいけにえをささげるのです。 7子羊を調理して食べ、翌朝、家に帰りなさい。 8続く六日間は、イースト菌の入ったパンを食べてはいけません。 七日目には、それぞれの町から集まり、神様の前で共に静かに過ごしなさい。 その日一日、どんな仕事もしてはいけません。 9 取り入れが始まって七週間目に、 10神様の前で七週の祭りを祝います。 その時には、神様が収穫させてくださった量に応じて、それぞれ、進んでささげるささげ物をしなさい。 11こうして、家族をはじめ家中の者が、神様の前でいっしょに喜び合うのです。 この祝いには、同じ町に住むレビ人、外国人、未亡人、みなしごも招待しなさい。 12エジプトで奴隷だったことを忘れないように、必ずこのとおりにしなければなりません。 13 取り入れも終わり、穀物を脱穀し、ぶどうをしぼり終えたころ、七日のあいだ仮庵の祭り(荒野でのテント生活を記念して、祭りのあいだ小屋に住むことから名づけられた)を祝いなさい。 14家族も使用人もみな、いっしょに楽しく過ごします。 同じ町に住むレビ人、外国人、みなしご、未亡人も忘れずに招待しなさい。 15 この祭りは聖所で祝います。 収穫を感謝し、神様の数々の祝福を心から喜び合うのです。 16 イスラエルの男子はみな、年に三度、種なしパンの祭り、七週の祭り、仮庵の祭りの時、聖所に集まり、神様の前に出なければなりません。 そのたびに神様へのささげ物を持って来なさい。 17神様の祝福に応じて、ささげられるだけささげるのです。 18 神様が下さるすべての町々に、裁判官と行政官を任命しなさい。 国の各地で正義が行なわれるためです。 19金持ちの肩をもって正義を曲げたり、わいろを取ったりしてはいけません。 知恵ある人も、欲に目がくらむと正しい判断ができなくなります。 20至る所で正義が行なわれなければなりません。 でなければ、神様が下さる国で成功を収めることはできません。 21 神様の祭壇のほかは、たといどんな事情があろうとも、いまわしい偶像を立ててはいけません。 22オベリスクも同じです。 神様はそのどちらも大きらいなのです。
Can i read the Bible on my phone/tablet?
Selected Verses