1 1アモスはテコアの村に住む羊飼いでした。 一日中、丘の中腹にいて、羊が迷い出ないように見張っていたのです。 2ある日、神様は、イスラエルに起こることを、幻によってお示しになりました。 それは、ウジヤがユダの王、ヨアシュの子ヤロブアムがイスラエルの王であった時で、あの大地震が起こる二年前のことでした。 その時の模様を、アモスは次のように報告しています。 神様はまるで、ねぐらでほえる獰猛なライオンのように、シオンの山にある神殿から、大声で叫びました。 すると突然、カルメル山のみずみずしい牧草がしおれ、たちまち枯れてしまったのです。 羊飼いはみな、声をあげて泣きました。 3神様はこうお語りになります。 「ダマスコの住民は、何度もくり返して罪を犯した。 わたしはそのことを決して忘れない。 もうこれ以上、処罰を猶予しない。 彼らは穀物を鉄の打穀機で打つように、ギルアデのわたしの国民を打ちのめした。 4だから、ハザエルの宮殿に火を放ち、ベン・ハダデの堅固なとりでを突きくずす。 5ダマスコの町の門のかんぬきを折り、アベンの平野に住む者や、ベテ・エデンで王位についている者を殺す。 シリヤの国民はキルに戻されて奴隷となる。」 6神様はこうお語りになります。 「ガザは何度もくり返して罪を犯した。 わたしはそのことを決して忘れない。 もうこれ以上、処罰を猶予しない。 ガザはわたしの国民を追い出し、奴隷としてエドムに売り渡した。 7だから、ガザの城壁に火を放ち、宮殿を片っぱしから破壊する。 8アシュドデの住民を殺し、エクロンとアシュケロンの王を滅ぼそう。 残ったペリシテ人も皆殺しだ。」 9神様はこうお語りになります。 「ツロの住民は何度もくり返して罪を犯した。 わたしはそのことを断じて忘れない。 もうこれ以上、処罰を猶予しない。 彼らは兄弟分であるイスラエルとの約束を破り、攻撃をしかけて征服し、奴隷としてエドムに売り渡した。 10だから、ツロの城壁に火を放ち、とりでも宮殿も灰にする。」 11神様はこうお語りになります。 「エドムは何度もくり返して罪を犯した。 わたしはそのことを決して忘れない。 もうこれ以上、処罰を猶予しない。 彼らは兄弟分であるイスラエルを剣で追いかけ、怒りにまかせて容赦せず、残酷に振る舞った。 12だから、テマンに火をかけ、ボツラの宮殿をすべて灰にする。」 13神様はこうお語りになります。 「アモンの住民は何度もくり返して罪を犯した。 わたしはそのことを決して忘れない。 もうこれ以上、処罰を猶予しない。 彼らはギルアデの戦いで、領土を広げるために残虐なことをしでかし、剣で妊婦を切り裂いたりした。 14だから、ラバの城壁に火を放ち、とりでも宮殿も灰にする。 嵐の時のつむじ風のように、戦場でものすごい叫び声があがる。 15王も王子も捕囚として連れ去られる。」
Can i read the Bible on my phone/tablet?
Selected Verses