3 1 ユダのヨシャパテ王の即位後十八年目に、アハブの子ヨラムがイスラエルの王となり、首都のサマリヤで十二年のあいだ治めました。 2彼はしたたか者でしたが、両親ほどではありませんでした。 その証拠に、父の作った、バアルにささげる石柱だけは取り除いたのです。 3しかし一方では、イスラエル国民を偶像礼拝に誘った、ネバテの子ヤロブアムの罪を犯し続けました。 4 モアブ人はメシャ王をはじめとして、羊を飼っており、毎年イスラエルに、子羊十万頭と、雄羊十万頭分の羊毛とを貢として納めていました。 5ところが、アハブ王が死ぬと、モアブの王はイスラエルに背いたのです。 6-8678そこで、ヨラム王はイスラエル軍を召集する一方、ユダのヨシャパテ王に使いをやりました。 「モアブの王が反旗を翻しました。 戦いにお力添え願えないでしょうか。」 「喜んで力になりましょう。 国民も馬も、あなたの言いなりにさせます。 作戦計画を教えてください。」 「エドムの荒野の道から攻めることにしています。」 9 こうして、エドムからの援軍も加わった、イスラエルとユダの連合軍は、荒野の道を遠回りして七日間すすみました。 ところが、兵士や荷物を運ぶ家畜の飲み水が底をついたのです。 10 イスラエルの王は悲鳴をあげました。 「ああ、どうしよう。 神様はわれわれを、モアブの王の餌食にしようと、ここに連れ出されたのだ。」 11 「預言者はいないのですか。 もしいたら、どうすればいいかわかるのに。」 ユダのヨシャパテ王のことばに、イスラエルの王の家来が答えました。 「エリヤの助手をしていたエリシャがいます。」 12 ヨシャパテは、「それはいい。 その人に聞いてみよう」と言いました。 そこで、イスラエルとユダとエドムの王は、そろってエリシャを尋ねたのです。 13 ところが、エリシャはイスラエルのヨラム王にかみつきました。 「かかわりになりたくありませんな。 ご両親がひいきにしていた、偽預言者のところへでも行ったらいいでしょう。」 「いやだ! われわれをここに呼び出し、モアブの王の餌食になるように仕向けたのは、神様だぞ。」 14 「神様にかけて言っておきます。 ユダのヨシャパテ王がいなかったら、こんなことに首をつっ込む気は、さらさらなかったんですがね。 15ま、しかたがない、竪琴をひく者を連れて来てください。」 竪琴がひき鳴らされると、エリシャに神様のお告げがありました。 16 「このかわいた谷に溝を掘れ。 わたしがそこに水を満たす。17風も吹かず、雨も降らないのに、谷は水であふれ、おまえたちも家畜も、十分に飲むことができる。 18だが、これはまだ序の口だ。わたしはモアブ軍を破り、おまえたちに勝利を与える。 19おまえたちは城壁で囲まれた最上の町々を占領し、良い畑をみな、石ころで台なしにする。」 20 翌日、朝のいけにえがささげられるころ、水がエドムの方から流れて来て、あたり一面を水浸しにしました。 21 そのころ、モアブ人は、連合軍が攻めて来ると聞き、老いも若きも、戦うことのできる男子を総動員して、国境の守備を固めました。 22ところが、翌朝はやく起きてみると、太陽が水面を真っ赤に照らしているではありませんか。 23 彼らは思わず、「血だ! 連合軍が、同士討ちをしたに違いない。 さあ、出て行って戦利品を集めよう」と叫びました。 24 こうして、彼らがイスラエル陣に攻め込むと、イスラエル軍が飛び出して来て、モアブ人を片っぱしから殺し始めたのです。 たちまちモアブ軍は総くずれです。 ここぞとばかり、イスラエル軍はモアブの地に攻め込み、手あたりしだいに破壊してしまいました。 25町を廃墟とし、すべての良い畑に石を投げ、井戸をふさぎ、実のなる木を切り倒しました。 キル・ハレセテの要害が最後まで残っていましたが、そこもついに、イスラエル軍の手に落ちたのです。 26 モアブの王は勝ち目がないとわかると、七百人の抜刀隊を率い、エドムの王のところへ突入しようとしましたが、それも失敗に終わりました。 27そこで、世継ぎの長男を城壁の上で殺し、完全に焼き尽くすいけにえとしてささげたのです。 これを見たイスラエル人は、ぞっとして気分が悪くなり、国へ引き揚げて行きました。
Can i read the Bible on my phone/tablet?
Selected Verses