20 1 そのころ、ヒゼキヤ王が重病をわずらい、あすをも知れぬ身となりました。 預言者イザヤは彼を訪ねて来て言いました。 「身の回りを整理しておかれますように。 病気は治らない、とお告げがありました。」 2 王は顔を壁に向け、神様に嘆願しました。 3 「ああ神様、どうか、私がいつも神様にお従いし、何につけても神様をお喜ばせしようとしてきたことを、思い出してください。」 こう言うと、泣き伏してしまいました。 4 イザヤが中庭を出ないうちに、再び神様のお告げがありました。 5 「わが国民の指導者ヒゼキヤのもとへ引き返して、こう告げるがよい。 先祖ダビデの神は、王の祈りを聞き、涙を見た。 王を元どおりにする。 三日後には床から起き上がり、神殿の前に立つ。 6寿命を十五年のばしてやる。 また、アッシリヤ王の手から、王とこの町とを救い出す。 そうするのは、わたし自身の栄光のため、また、わたしのしもべダビデのためである。」 7 イザヤは干しいちじくをゆでて軟膏をつくり、それを王のはれものにつけるよう指示しました。 すると、王はすっかり治ったのです。 8 ところで、王はイザヤにこう言いました。 「元気になり、三日後にまた神殿へ行けるという証拠を見せてほしい。」 9 「よろしい。 神様は奇蹟を見せてくださいます。 日時計の上の影を十度進ませるか、それとも十度引き戻すか、どちらを選びますか。」 10 「影は進むと決まっているから、引き戻すほうにしてもらいたい。」 11 イザヤはそのように祈りました。 すると、神様はアハズの日時計の影を、十度引き戻してくださったのです。 12 そのころ、バビロン王バルアダンの子メロダク・バルアダンは、ヒゼキヤ王が病気だというので、見舞いの使者に託して、手紙と贈り物を届けました。 13王は使者を喜んで迎え、宝物として大事にしまってある金、銀、香料、香油、武器などをみな見せました。 14 そこでイザヤは、王に会って尋ねました。 「あの人たちは何を欲しいと言ったのですか。 どこから来ました?」 「はるばるバビロンからだ。」 15 「宮殿で何を見たのですか。」 「何もかもだ。 宝物倉にある物はぜんぶ見せた。」 16 「神様のお告げを聞きなさい。 17この宮殿にある物が、一つ残らずバビロンに運ばれる時がくる。 先祖の宝物はぜんぶ持ち去られ、何も残らない。 18息子のうちからは、捕虜になって、バビロン王の宮殿で宦官として仕える者が出る。」 19 「よくわかりました。 神様のお望みなら、それもけっこうです。」 実を言うと、王は、自分が生きている間は平和と安全が保証されると考え、ほっとしていたのです。 20 ヒゼキヤ王のその他の業績、すなわち貯水池と水道を造り、町に水を引いたことなどは、『ユダ諸王の年代記』に記録されています。 21王は死んで、息子マナセが新しく王となりました。
Can i read the Bible on my phone/tablet?
Selected Verses