7 1-212ソロモン王が祈り終えると、天から火が下って、いけにえを焼き尽くしてしまいました。 神様の栄光が神殿に満ちあふれたので、祭司たちは中へ入れません。 3国民はみな、このすばらしい光景を見て、顔を地面にすりつけるようにして神様を拝み、感謝をささげました。 人々は、「神様はなんとすばらしいお方でしょう! いつも愛と恵みにあふれておられます」と大声で賛美しました。 4-545それから、王と国民はみな、完全に焼き尽くすいけにえをささげて、神殿を神様にささげました。 このために、王は牛二万二千頭、羊十二万頭をささげました。 6祭司たちはそれぞれの部署につき、レビ人は、ダビデ王の手作りの楽器を手にして、「神様の恵みは永遠に絶えない」と賛美しました。 祭司たちがラッパを吹く時、国民はみな起立していました。 7青銅の祭壇ではささげきれないほど、たくさんのいけにえがあったので、王はその日のいけにえをささげる場所として、特別に神殿の内庭をきよめました。 8 続く七日間、イスラエル全国から集まった大群衆とともに仮庵の祭りが祝われました。 中には、はるばるレボ・ハマテや、エジプト川あたりの遠方から来た人々もいました。 9最後の儀式が八日目にあったのち、 10十月八日に、王は国民を家に帰しました。 みな、神様がダビデ王とソロモン王、およびイスラエル国民にお示しになった恵みを思い、喜びと感謝にあふれて家路につきました。 11 こうしてソロモン王は、神殿と宮殿とを建て終わりました。 計画どおりすべて実現したのです。 12 ある夜、神様は夢でソロモン王に現われ、こう告げました。「わたしはおまえの祈りを聞いた。 また、わたしにいけにえをささげる場所として、この神殿を選んだ。 13わたしが天を閉ざしたため雨が降らなくなったり、いなごの大群が穀物を食い尽くしたり、伝染病が大流行したりした場合、 14もし、わたしの国民が、謙そんになって祈り、悪い道から離れてわたしに立ち返るなら、天からその祈りを聞き、彼らの罪を赦し、この地を元どおりにしよう。 15この場所でのすべての祈りに耳を傾け、目を見開いていよう。 16わたしが、この神殿を永遠のわたしの家として選び聖別したのだから、わたしの心はいつもここにある。 17 おまえが、父ダビデのように、わたしに従うなら、 18約束どおり、おまえとおまえの子孫を代々イスラエルの王としよう。 19しかし、もしわたしに従わず、わたしの教えに背いて偶像を拝むなら、 20この地からわたしの国民を滅ぼしてしまおう。 わたしのために確保しておいたこの神殿も滅んで、多くの人の恐怖の対象、物笑いの種となろう。 21神殿が有名であっただけに、そのそばを通る者はみな、信じられないといった顔つきでつぶやくだろう。 『どういうわけで、神様はこの地とこの神殿とに、こんなむごいことをなさったのだろう。』 22 すると、このような答えが返ってくる。 『この地の国民は、先祖をエジプトから導き出してくださった神様を捨てて、ほかの神々を拝んだので、こんなむごい仕打ちを受けたのだ。』」
Can i read the Bible on my phone/tablet?
Selected Verses