8 1 やがて、年老いたサムエルは隠退し、イスラエルをさばく仕事を息子たちに譲りました。 2長男ヨエルと次男アビヤは、ベエル・シェバで法廷を開きました。 3ところが彼らには、父のような高潔さが欠けていたのです。 金に目がくらんで、わいろを取り、公平であるべき裁判を曲げてしまいました。 4とうとうイスラエルの指導者たちがラマに集まり、この件でサムエルと話し合いました。 5彼らは、サムエルの隠退後、息子たちの行為が思わしくなく、物事に支障をきたしている事情を説明しました。 そして、こう願ったのです。 「どの国にも王様がいます。 私たちにも王様を立ててください。」 6 サムエルはすっかり動揺してしまい、神様の前に出てうかがいを立てました。 7 神様の答えはこうでした。 「言うとおりにしてやるがよい。彼らは、おまえではなく、ほかでもない、このわたしを退けたのだ。もう、わたしに王であってもらいたくないのだ。 8エジプトから連れ出して以来、今までずっと、彼らはいつもわたしを捨て、ほかの神々のあとを追ってばかりいた。 まさにそれと同じことを、今しようとしているのだ。 9願うとおりにしてやるがよい。 ただし、王を立てることがどういうことか、よくよく警告しておいてくれ。」 10 サムエルは神様のおことばをそっくり伝えました。 11 「あなたがたの言うとおり王を立てれば、息子は王の軍隊に取られ、王の戦車の前を走ることになりかねませんぞ。 12中には、戦場に追いやられる者も出るだろう。 そして、残りの者はみな、奴隷のように働かされる。 よいかな、王家の領地を耕し、刈り入れにも無報酬で駆り出され、武器や戦車の部品作りにも動員されるのじゃ。13王はな、娘も取り上げなさるぞ。 料理をこしらえたり、パンを焼いたり、香料を作ったりと、有無を言わせずこき使う。 14それにな、ぶどう畑やオリーブ畑のうち、いちばん良い場所を王家の所領に差し出さねばならん。 15収穫の十分の一は、年貢として、王の直参がたへ納めねばならん。 16奴隷や屈強の若者、それに家畜まで、王の私用のために駆り出される。 17羊の群れも十分の一を要求されるし、結局、自分たちが奴隷となるわけだぞ。 18王を立ててほしいと言ったばっかりに、あとでほえ面かいても、神様は助けてくださらんからな。」 19 それでも人々は、警告に耳を貸そうとしません。 「かまいませんとも、王様は欲しいのです。 20よその国々と同じになりたいのです。 王様が私たちを治め、戦いを指揮してくださるでしょう。」 21 サムエルは人々の反応ぶりを神様に告げました。 22神様はまたも、「言うとおりにしてやれ。 王を立ててやるがよい」とお答えになりました。 ついにサムエルも承知し、人々を家に帰らせました。
Can i read the Bible on my phone/tablet?
Selected Verses