22 1 ダビデはガテを去り、アドラムのほら穴へ逃げのびました。 そうこうするうち、そこに兄弟や身内の者が、おいおい集まって来たのです。 2そのほか、問題や借金をかかえた者、不満をいだいている連中などが集まって来たので、たちまちダビデは、約四百人の子分を持つ頭領となってしまいました。 3 ダビデはこのあとモアブのミツパへ行き、モアブ王に、事態がはっきりするまで両親を保護してもらえないかと頼みました。 4それで両親は、ダビデがほら穴に陣取っていた間、ずっとモアブ王のもとにいたのです。 5 ある日のこと、預言者ガドがダビデに、ほら穴を出てユダへ帰るようにとの、神様のお告げを伝えました。 そこでダビデは、ハレテの森へ移ったのです。 6ダビデがユダに戻ったという知らせは、やがてサウル王に届きました。 ちょうどその時、サウル王はギブアの柳の木の下で、槍をもてあそびながら座っていたところでした。 ぐるりには家来が並んでいました。 7 その知らせを聞いた時、王は声を上ずらせて言いました。 「ベニヤミンの者たちよ、よく聞け! ダビデはおまえたちに畑やぶどう畑をくれ、軍隊の指揮官に取り立ててやるとでも約束したか。 8なのにどうして、おまえたちはわしを欺いた? だれ一人、わしの息子がダビデに通じていることを、話してくれなかったではないか。 わしのために悲しんでくれる者もおらん。 考えてもみてくれ。 息子が、ダビデがわしを殺しに来るのを助けておるのだ。」 9-10910その時、家来の中に同席していたエドム人ドエグが口を開きました。 「私がノブにおりました時、ダビデが祭司アヒメレクと話しているのを見かけました。 アヒメレクは、ダビデのために神様におうかがいを立て、その上、パンとペリシテ人ゴリヤテの剣を与えたのでございます。」 11-121112王は、直ちに、アヒメレクとその全家族、それにノブにいる祭司全員を呼び寄せました。 一同がそろうと、激しい口調でアヒメレクを責めました。 「よく聞け、アヒトブの息子めっ!」 「何でございましょう。」 アヒメレクはびくびくしながら答えました。 13 「おまえはダビデとぐるになって、このわしに盾つく気か。 どうして、ダビデにパンと剣を与えたり、神様におうかがいを立ててやったりしたんだ。 あいつをたきつけて謀反を起こさせ、わしを攻めさせるつもりだったんだな。」 14 「とんでもございません。 陛下のご家来方の中でも、婿殿のダビデ様ほど忠義なお方は、ほかにございますまい。 ダビデ様は陛下の護衛隊長であり、王室で最も尊敬を集めているお方ではございませんか。 15私があの方のために神様におうかがいを立てましたのも、今に始まったことではございません。 このことで私や一族の者が責めを受けますのは、合点がまいりません。 陛下に対する陰謀などとは、全く寝耳に水でございます。」 16 「アヒメレクめ、一族もろとも命はないものと思え!」 17そう言うと、王は護衛兵に命じました。 「祭司どもをたたっ切れ! こいつらはダビデと共謀したのだ。 ダビデがわしのもとから逃げ出したのを知りながら、知らせて来ようともしなかったやつらだ。」 しかし護衛兵は、祭司を手にかけるのがこわくて、命令を聞きません。 18 それで王はドエグに、「おまえがやれ」と命じました。 ドエグは彼らに飛びかかり、全部で八十五人の祭司を血祭りにあげました。 みな祭司の服を着たままでした。 19次にドエグは、祭司の町ノブへ行き、殺された祭司の家族まで、男も女も、子供も赤ん坊も、牛もろばも羊も、残らず殺してしまいました。 20ところが、アヒメレクの息子エブヤタルだけは、幸い難を免れて、ダビデのところへ逃げのびたのです。 21 エブヤタルは、王のしたことをダビデに告げました。 22ダビデは声を上ずらせて言いました。 「そうだったのか! あそこでドエグを見かけた時、こいつが王に告げ口するだろう、とにらんではいたのです。 それにしても、私がご一族の死を招いたようなものです。 23どうか、ここでいっしょに暮らしてください。 命にかけても、お守りします。 あなたに降りかかる害は、わが身に降りかかったも同然ですから。」
Can i read the Bible on my phone/tablet?
Selected Verses